i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



クラウドネイティブ人財育成道場


 ITシステム「2025年の崖」とは?

経済産業省は2018年9月、『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』という、企業のシステム刷新について警鐘を鳴らす異例のレポートを発表しました。

「多くの経営者が、将来の成長や競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新しいビジネス・モデルを創出したり、柔軟に改変していくデジタル・トランスフォーメーション(=DX)の必要性について理解している」と記すと同時に、課題もいくつか示しています。それらの一部をあげると...

● デジタル・トランスフォーメーション(DX)を阻害する要因は...

  • 既存ITシステム(レガシーシステム)の老朽化・複雑化・ブラックボックス化
  • 既存のデータが十分に利活用できず、新しい技術を導入しても効果が限定的
  • 既存ITシステムがビジネス・プロセスに密結合しており、プロセスの刷新には現場サイドの抵抗も大きい
  • 既存ITシステムの運用保守に多くの資金や人材が割かれ、新たなIT投資にリソースを振り分けることが難しい

2025年の崖

経済産業省「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」より

「このまま放置した場合、今後、ますます運用・保守コストが高騰する、いわゆる技術的負債の増大とともに、既存システムを運用・保守できる人材が枯渇し、セキュリティ上のリスクが高まることも懸念される」としています。


 これから、ユーザー企業とベンダー企業に必要なことは?

2025年には、IT人材の不足は約43万人にまで拡大すると予測されています(2015年では約17万人不足)。
我が国のIT人材は、ユーザー企業よりベンダー企業に多く所属しています。必然的に、ユーザー企業はベンダー企業にシステム開発や保守を依頼する、さらに言うなら「丸投げ」するなど依存する傾向が強くなり、ユーザー企業内部で情報システムに関するノウハウが蓄積しにくい環境にあります。

こうした環境の中、ユーザー企業とベンダー企業は、それぞれの立場でどのような方策をとればよいのでしょうか。

報告の中では、人材確保・育成に向けた対応策として、
「デジタル技術の進展の中で、DXを実行することのできる人材の育成と確保は各社にとって最重要事項である。ユーザ企業、ベンダー企業それぞれにおいて、求められる人材スキルを整理し、必要な対応策を講じていくことが必要」だとしたうえで、
「アジャイル開発の実践そのものが、ユーザ企業の人材にあっては開発手法を学び、ベンダー企業の人材にあっては開発に従事しながら業務を知ることにつながり、ユーザ企業・ベンダー企業双方の人材育成にもなる。」 としています。


 今こそ、ITエンジニアのスキルをクラウドネイティブにトランスフォーメーションさせる

では、具体的にどのように進めればよいのでしょうか。
今後の新たなデジタル技術の活用により、迅速なビジネスモデルの変換を実現し、進化し続けるクラウド環境に対応していく理想的なシステムこそ、「クラウドネイティブ」であると私たちは考えます。以下に、考えられるITシステム刷新のシナリオ例を示します。

この急務とされる人財育成に必要なのは、ゼロから始める育成ではなく、現場で活躍するITエンジニアにクラウドネイティブのスキルを身につけさせるものであることでしょう。新たな人財の確保が容易でないのは、誰もが実感していることではないでしょうか。
そのため、今活躍しているITエンジニアのスキルをトランスフォーメーションさせることが、この課題を解決する具体的かつ実行可能な方策となります。
クラウドネイティブは、ユーザー企業かベンダー企業かに関わらず、また顧客向けサービスだけでなく、社内システムにおいても重要性が増していくでしょう。


 「クラウドネイティブ人財育成道場」でスキルを磨く

この度新たに開講した「クラウドネイティブ人財育成道場」は、クラウドネイティブ開発あるいは開発内製化等に直面しているベンダー企業やユーザー企業のエンジニア向け育成講座です。本講座は、今日のクラウドの神髄であるクラウドネイティブを実現するために必要となる様々な技術を習得し、先端技術を自在に使いこなせるエンジニア育成を目的としています。

★クラウドネイティブ人財育成道場の特長

  • 現場で活躍するITエンジニアに、クラウドネイティブ開発ができるスキルを習得させるものです
  • クラウドネイティブ開発の第一線で活躍する講師陣の実践的演習で、実務に必要なスキルを効率的に習得できます
  • 体系的カリキュラムには、今後のテクノロジーやビジネスの変化に対応するためのエッセンスが備わっています

■ 基本トレーニングでは、クラウドネイティブ開発を継続していく土台として必要な基本スキルを習得します。

  • 【クラウドデザイン編】:PaaSを中心としたクラウドデザインパターン
  • 【DevOpsによる継続開発編】:リーンソフトウェア、アジャイル、インフラコード化、組織ビルド
■ 発展トレーニングでは、マイクロサービスやサーバーレスを活用するクラウドネイティブ開発に必要なスキルを習得します。
  • 【サーバーレス編】:サーバーレスコンピューティングの基礎、実践、iPaaSによる自動制御
  • 【クラウドネイティブ構築編】:Kubernetesを使った、分散型アプリケーション開発の基礎
  • 【マイクロサービス開発編】:ドメイン駆動設計を基にした、大規模アプリケーション開発の基礎

クラウドネイティブ研修
コード コースタイトル 日 数 提 供 形 態
DXB01 クラウドネイティブ人財育成道場 - クラウドデザイン編NEW ! 1日
DXB02 クラウドネイティブ人財育成道場 - DevOpsによる継続開発編
NEW !
1日
DXA03 クラウドネイティブ人財育成道場 - サーバーレス編NEW ! 1日
DXA04 クラウドネイティブ人財育成道場 - クラウドネイティブ構築編NEW ! 1日
DXA05 クラウドネイティブ人財育成道場 - マイクロサービス開発編NEW ! 1日


● 講師陣

小島 淳 (Atsushi Kojima)
株式会社オルターブース 代表取締役 CEO

【 株式会社オルターブース 】
Microsoft AzureやAWSを中心としたクラウドの導入・フルスタック開発・ITコンサルティング・フルマネージドサービス、DevOps導入支援、FoodTech事業などを展開。 [ Microsoft Innovation Award 2017 受賞 ]、[ Microsoft Partner of The Year 2017 on OSS 受賞 ]。


お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00
お問い合わせフォーム