i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

クラウド/クラウドネイティブ入門 ~ハンズオンでクラウドの技術を体感しよう~

  • コースコードCLD02

  • 受講形態オンライン
  • 日数1日間

  • 受講時間9時30分 ~ 17時00分(昼休憩:45分)

  • 受講料55,000円 (税別価格50,000円)

本コースは、初めてクラウドやコンテナ技術を学ぶ方に向けたコースです。

クラウドコンピューティングの基本概念と定義や特徴、クラウドサービスの種類およびクラウドベンダーの比較などの基礎知識を学ぶとともに、クラウドネイティブのコンセプトに触れていきます。

またコンテナ技術については、ハンズオンを通して体験し基礎を理解していただきます。


※開催初日の15日前に開催判断を行いますので、お早めにお申し込みをお願いいたします。

  • PDU対象
  • 助成金可能性有
  • 機械演習

ご希望の日程に合わせた
リクエスト開催も可能


詳細情報

対象者

・クラウドやコンテナ技術に関心があり、これらを基礎から学びたい方
・クラウドネイティブに関心があり、基本的なコンセプトを知りたい方
・IT技術者、IT営業職、ビジネスパーソン全般のクラウド未経験者・クラウド初心者の方

前提知識

・基本的なIT用語が理解できていること
・PC操作に慣れていること
・簡単なLinuxの基本コマンド利用イメージが付くことが望ましい
 ※以下、チェックリストに掲載のコマンドの操作と利用方法を事前にご確認いただくと、
  スムーズにご参加いただけます。
  なお、コマンドについては、研修時に講師からの説明もあります。
   Linux基本コマンドチェックリスト
 ※Linuxコマンドを基礎から学ばれたい方は、LA100「Linuxシステム基礎」の受講をおススメいたします。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.クラウドの定義、コンセプト、基本用語の理解
2.クラウドのメリット(環境変化への対応)の理解
3.代表的なクラウドサービス(IaaS)の基本オペレーションの習得
4.コンテナ技術およびDockerに関する基本用語の理解
5.Dockerの導入および基本操作(dockerコマンド)の習得
6.クラウド環境におけるDevOpsの意義とコンセプトの理解
7.クラウドネイティブの基本コンセプトの理解

研修の内容

●1日目 午前
クラウド・ファースト時代の基礎知識
 クラウドの歴史
 クラウドの定義 (NISTによる定義)
 XaaS
 代表的なクラウドサービス
ビジネス視点でクラウドのメリットを理解する
 特長
 コスト
 クラウドベンダーの比較
クラウドハンズオン IaaS (AWSを利用した仮想サーバー構築)
 Amazon EC2の利用手順解説および実習

●1日目 午後
コンテナ技術 Docker の概要
 コンテナ技術とは
 Dockerとは
コンテナハンズオン Docker (Docker導入と簡単な操作)
 Dockerの導入
 Dockerコンテナの操作
 Dockerイメージの操作
クラウドが変えるビジネスと開発と運用の関係
 DevOpsとクラウド
クラウドネイティブのコンセプト
 クラウドネイティブとは
 Cloud Native Trail Map (CNCF)
 マイクロサービスアーキテクチャ

スキルレベル

ITSS:ITスペシャリスト-アプリケーション テクノロジ レベル1~2
ITSS:ITアーキテクト テクノロジ レベル1~2

資格関連情報

当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(7PDU)が取得いただけます。
(PDU対象コースのご紹介 参照)


開催情報

開催概要

日数 1日間
受講時間 9時30分 ~ 17時00分(昼休憩:45分)
受講料 55,000円
(税別価格50,000円)

開催日程・場所

日時 場所 状況 締切日 セッションID
7月18日(木) オンラインクラス 受付中 7月15日(月) 04
8月22日(木) オンラインクラス 受付中 8月19日(月) 05
9月18日(水) オンラインクラス 受付中 9月12日(木) 06
11月18日(月) オンラインクラス 受付中 11月13日(水) 07
2月4日(火) オンラインクラス 受付中 1月30日(木) 01

重要事項

キャンセル規定

受講開始8日前から受講料(購入価格)の50%のキャンセル料がかかります。 また、受講開始0日前(当日キャンセル)から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

受講者メールアドレス

□受講者メールアドレスについて
・各クラスとも、電子テキストおよび受講のご案内を、受講者の方のメールアドレス宛てに送付させていただきます。
・お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレス入力が必須となります。

テキスト

□テキストについて
・各クラスとも、電子テキスト(PDF)を事前に配布いたします。
ご受講の際には、テキスト閲覧用デバイスをご用意いただくことをお薦めいたします。
・当コースは、電子テキスト(PDF)のご提供のみとなり、印刷テキストには対応しておりません。

オンラインクラス

□オンラインクラス
オンラインクラスはZoomで提供いたします。
あらかじめミーティング用Zoomクライアントが導入されたパソコンをご準備ください。
Zoomクライアントが使えない環境の場合、Zoom Webクライアントでご受講いただけます。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に)および オンラインクラス利用条件をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

演習環境

・ハンズオンではAWSを利用するため、受講されるPCで以下の環境の準備をお願いいたします。
  ・ブラウザ (推奨Chrome)

・別途、AWSマネジメントコンソールへ接続いただくご案内メールをお送りいたします。

備考

・Dockerについての講義および実習(ハンズオン)の内容に、DXC01「触れて学ぶコンテナ基礎 ~Docker操作編~」と一部重複する部分があります。あらかじめご了承ください。

※2022年10月よりコースタイトルが変更となりました。(旧コースタイトル:クラウドネイティブ入門 ~3大クラウドベンダーの比較から、AWSでクラウドの基礎を学ぶ~)
※より良い内容をお届けするため、一部のご提供内容を変更する可能性がありますのでご了承ください。

PMI®, PMBOK® Guide, PMP® は、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute,Inc.)の登録商標です。

□オンラインクラスご参加のお客様で、自宅やオフィス以外の場所でのオンライン受講をご希望の方には iLスクエア をご提供いたします。ぜひご活用ください。


メッセージ

クラウドやコンテナ技術に関心があり、これらを基礎から学びたい方におススメです。

クラウド・コンピューティングの基礎から全容を概観し、さらにクラウドネイティブについてイメージできるところまでをめざします。
クラウドネイティブを支える代表的な技術であるコンテナ(Docker)については、ハンズオン(実習)で理解を深めます。
※DockerハンズオンではLinuxコマンドを使用します。Linuxの経験があれば円滑にハンズオンを進められますが、ご存じない場合でも、コマンドの解説をいたします。
※本研修・ハンズオンではIaaSを主に取り上げます。


お客様の声

【お客様の声】
・クラウド・コンテナ技術について、全く知識がない状態でも体系立てて学習できる講座となっていた。
・ハンズオンの演習があることでより理解が深まりました。
・クラウドに関する基礎知識、dockerに関する基礎知識が非常にわかりやすく説明されていた。
・クラウドに関する基礎知識が身につくような内容だったと思います。
・演習時間も十分にとっていただいたので、つまずきそうになりながらもどうにかすすめることができました。
・クラウドの基礎から学ぶことができ、初学者にとってはとても分かりやすい内容だと思ったから。
また、演習もあり、イメージがつかみやすかった。
・今回の研修を通して、”クラウドネイティブとは” ”コンテナとは” の内容理解や、イメージをつかむことができました。
また、演習ではコマンドの詳細や、dockerファイルの説明も詳細にしてくれて、初めてDocker を触る私でも理解しながらついていくことができました。クラウドにより興味を持つことができる研修だったと思います。

クラウド/クラウドネイティブ入門 ~ハンズオンでクラウドの技術を体感しよう~
問い合わせる

ご希望の日程でリクエスト開催も可能

条件を指定してコース検索


コース
検索