i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



助成金活用

アイ・ラーニングの研修では、助成金を活用することが可能です。おすすめコースをご紹介します

助成金をぜひご活用ください


人材開発支援助成金は、平成30年4月1日に改正されました。
人材開発支援助成金(特定訓練コース)の受講回数は1労働者につき年間3回までで、1事業所の支給額は1,000万円が上限です。


詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ(人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金))

活用事例

人材開発支援助成金(特定訓練コース)の活用事例をご紹介します。


  • 事例 ① 若年労働者への訓練活用事例
(※ 雇用契約締結後5年以内かつ35歳未満の雇用保険被保険者が対象)

 J社(中小企業) 新入社員 4名

サーバー・ネットワークの構築・運用基礎スキル(42日間)を受講
・研修費用 3,568,320円 (4名)
・助成金総額 2,563,344円 (中小企業以外の場合 1,549,296円)


  • 事例 ② 実習併用型訓練活用事例
(※ 新入社員に対し、Off-JTとOJTを組み合わせて半年以上2年以内の訓練)

 S社(中小企業) 新入社員 5名

Javaプログラミング基礎スキル(43日間)を受講 Off-JT後、社内で約4か月のOJTを実施
・研修費用 4,287,600円 (5名)
・助成金総額 5,645,687円 (中小企業以外の場合 3,210,000円)


  • 事例 ③ 若年労働者への訓練活用事例
(※ 雇用契約締結後5年以内かつ35歳未満の雇用保険被保険者が対象)

 E社(中小企業) 中途入社社員 1名(入社2年目、28歳)

基礎からはじめるWebアプリケーション演習(5日間)を受講
・研修費用 216,000円 (1名)
・助成金総額 125,700円 (中小企業以外の場合は79,050円)


 ※ 助成金の内訳、基準等詳細については、無料相談会でご説明させていただきます



助成金診断サービス

働き方改革を支援する、助成金診断サービスを行っています。


・らくらく助成金診断について

簡単なアンケートにお答えいただくだけで、貴社が受給できる可能性のある助成金(厚生労働省の助成金)について簡易診断するサービスです。


・らくらく助成金診断用紙

※アンケートにお答えいただき、用紙に記載のFAX番号もしくはメールアドレスにお送りください。


OFFICE BAN 簡易相談サービス


こんなこと、ありませんか?

  • 人の問題が生じていて、ちょっと相談したい...いくらぐらいかかるの?
  • 就業規則が古いままになっていて、どこを変更すればよいのかわからない
  • 自社で狙える助成金がよくわからないので、アドバイスが欲しい
  • 新しい助成金の情報がほしい
  • 助成金の代行申請をお願いしたいが、代行料や実費は?
  • 社長や役員が年金相談したいと言っているが...


そんなお悩みをお持ちのご担当者様に社会保険労務士事務所 OFFICE BAN の「簡易相談サービス」をご提供します。 これは、アイ・ラーニングの研修をご利用いただいているお客様限定のサービスです(無料サービス)。



ご登録いただいたお客様には、

  • 社会保険および人事・労務に関するメール相談
    例えば、こんな疑問にお答えします(原則48時間以内の回答)。
    • 採用時に気をつけなければならないことって?
    • 内定取り消しってできるの?
    • パート社員の社会保険はどうすればいい?
    • 社会保険の加入を拒む社員がいるが、どうのように対応すればいい?
    • メンタル不全の社員がいるが、どう対応すればよい? ...etc.
  • 規則・規定診断+結果のアドバイス (ご希望の企業様向け)

さらに、ご希望によりご訪問サービスも可能です(初回ご訪問のみ。交通費別)。
また、OFFICE BAN の提供するスポット業務サービスの割引もございます。


※ 以下にお進みいただきますと、仮登録画面となります。仮登録後、ご利用規約がメールにて送付されますので、ご同意いただくことで本登録になります。詳細につきましては、ご登録の後 OFFICE BAN より直接ご連絡いたします。


ご登録はこちらから


お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 弊社休業日を除く 9:00~17:00