i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

クラウドネイティブまるごと理解 ~DevOpsからマイクロサービス、クラウドデザインまで~

コースコード DXB01
受講料 99,000円
(税別価格90,000円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時30分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

クラウドネイティブを構成する技術要素は、DevOps、Continuous Delivery、Container、Microserviceの4つといわれています。本コースでは、自らのサービスをどのように提供するかという視点から、クラウドを使いこなすための知識を身につけます。クラウドデザインでサービスがどのように動いているか理解できるようにし、フルマネージドサービスでのシステム設計、独立した小さなサービスを疎結合して1つのアプリケーションとするマイクロサービス、ドメイン駆動設計を用いたアプリケーション設計からKubernetesへのデプロイ、およびその特有のリリースマネジメントといった様々な要素のポイントを重点的かつ網羅的に学びます。

特色とメリット

本コースは、クラウドネイティブ化のために必要となる、DevOps、CI/CD、Docker、Kubernetes、サーバーレス、
マイクロサービス、クラウドデザイン等のポイントを1日で学べる研修です。

◆講師からのひとこと
クラウドネイティブとは、クラウド上で生み出されるクラウドでしか作ることができないアプリケーションを指します。従来の仮想サーバーベースで作られたものをIaaSへ移行しても、オンプレミスで稼働していた仮想サーバーと同じ構成ではクラウドネイティブとはいえません。本コースを通じて、開発系、インフラ系、マネージャー等それぞれの立場の方が共通理解を持つことで、先端技術を継続して推進するための下地を作ることができます。難しい用語や内容を分かりやすく噛み砕くのではなく難しいまま伝授し、外部でも通用する標準的な共通理解が身につくトレーニングを目指しています。

◆お客様の声
・クラウドネイティブの考えを体系的に学ぶことができ、非常に有意義でした。
・アジャイルやDevOpsから入ることで、何のためにクラウドネイティブであるべきか、目的を持って聞くことが
 できました。
・特にコンテナ、クラウドデザインについては、概要が理解できて今後のヒントにできました。
・クラウド設計思想から提案まで幅広く話を聞けてよかった。
・テンポよく事例を交えて講義いただけてよかった。
・非常に難しいところもありましたが、大変興味深かったです。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。

1. 自社またはお客様のシステムをクラウドネイティブ化するための基礎を身につける。
2. DevOpsの本質を理解し、技術面だけでなく組織や文化の変革が必要なことを理解する。
3. 継続的デリバリーおよび自動化やマネジメントに必要なポイントを理解する。
4. コンテナ活用とマイクロサービス開発に必要なポイントを理解する。
5. クラウドデザインをベースとして設計をすることができる。


対象者

・アプリケーション開発エンジニア
・インフラエンジニア
・マネージャー

前提条件

・アプリケーション開発またはシステム運用の実務経験があること
・クラウドの基本的な用語と仕組みを理解していること

内容

1.クラウドネイティブ概要
 1-1 クラウドネイティブとは
 1-2 基礎的なシステム構成例
 1-3 クラウドネイティブ化するためには

2.DevOps
 2-1 DevOpsとは
 2-2 リーンソフトウェア
 2-3 アジャイル開発
 2-4 スクラム
 2-5 管理ツール
 2-6 組織醸成

3.Continuous Integration/Continuous Delivery
 3-1 ツール
 3-2 パイプライン
 3-3 Infrastructure as Code
 3-4 オーケストレーション

4.Container
 4-1 Dockerとは
 4-2 Dockerによるシステム構築
 4-3 Immutable Infrastructure
 4-4 Kubernetesとは
 4-5 CNCF周辺OSS
 4-6 Kubernetesによるシステム構築

5.Microservice
 5-1 マイクロサービスアーキテクチャーとは
 5-2 アーキテクチャー概論
 5-3 サービス分割
 5-4 APIゲートウェイ設計
 5-5 サーバーレスアーキテクチャー

6.Cloud Design
 6-1 PaaSを使う理由
 6-2 非機能要件の落とし込み
 6-3 セキュリティ
 6-4 PaaSを使ったシステム構成

7.クラウドネイティブ提案
 7-1 クラウド活用におけるニーズの違い
 7-2 クラウドネイティブ化

補足

□当コースはサテライト研修に対応します。

□当コースは、2020年4月以降は一部の集合研修と同時にオンラインクラスを開催いたします。
 オンラインクラスでのご受講を希望される方は「オンラインクラス」にお申込みください。

ハンズオンはコース中に行わず、持ち帰りできるものをご紹介いたしますので、オフィスや自宅等で納得できるまでお試しください。持ち帰りのハンズオンは、サンドボックスを使ったハンズオン形式のオンライントレーニングであるMicrosoft Learnを中心としています。

当コースのクラウドプラットフォームは、Microsoft Azureを中心として講義します。当コースで学ぶ知識は、他のクラウドプラットフォームで応用することも可能です。

当コース受講者には、電子テキスト(PDF)を配布しますので、ご自身が利用できるPCやタブレット等をご持参ください。研修会場では無線LANサービスを提供いたしますが、ご持参されたデバイスの接続を保証するものではありません。

2019年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコードDXA01)
当コースは、2019年8月まで実施していた「クラウドネイティブ人財育成道場」シリーズよりポイントとなる部分を構成したものです。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
01 2020年04月17日~2020年04月17日 茅場町 受付中
41 2020年04月17日~2020年04月17日 札幌サテライト 受付中
51 2020年04月17日~2020年04月17日 大阪サテライト 受付中
61 2020年04月17日~2020年04月17日 福岡サテライト 受付中
71 2020年04月17日~2020年04月17日 広島サテライト 受付中
91 2020年04月17日~2020年04月17日 オンラインクラス 受付中
02 2020年05月22日~2020年05月22日 茅場町 受付中
42 2020年05月22日~2020年05月22日 札幌サテライト 受付中
52 2020年05月22日~2020年05月22日 大阪サテライト 受付中
62 2020年05月22日~2020年05月22日 福岡サテライト 受付中
72 2020年05月22日~2020年05月22日 広島サテライト 受付中
03 2020年06月11日~2020年06月11日 茅場町 受付中
43 2020年06月11日~2020年06月11日 札幌サテライト 受付中
63 2020年06月11日~2020年06月11日 福岡サテライト 受付中
73 2020年06月11日~2020年06月11日 広島サテライト 受付中
04 2020年07月09日~2020年07月09日 茅場町 受付中
05 2020年08月19日~2020年08月19日 茅場町 受付中
06 2020年09月16日~2020年09月16日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

備考

□サテライト研修
開催地名に「サテライト」が含まれているクラスが対象です。
サテライトクラスのご案内 をご一読いただき、お申し込みをお願いいたします。

□オンラインクラス
開催地名「オンラインクラス」が対象です。
オンラインクラスは、テキストのPDF及び受講案内を受講者の方のメールアドレスに送付させていただきます。
お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレスが必須となります。

オンラインクラスは、講師が教室/スタジオから生放送しており、受講生の方は、ネットワークにつながる環境で、
ご自身のPCを通して講義を受けていただきます。
オンラインクラスはZoomで提供します。あらかじめZoomのクライアント版が導入されたパソコンをご準備下さい。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に) をご一読いただき、お申し込みをお願いいたします。
オンライン利用条件 もあわせてご一読いただき同意していただけますようお願いいたします。

オンラインクラスのご案内をご覧ください。