i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



「プラス・セキュリティ人材」育成


 今や、必要な人材13.2万人! 深刻なセキュリティ人材不足
~実は不足数の大半はユーザ企業でのIT利活用人材「12.4万人」~

下図は、経済産業省から公開されている「IT人材の需給に関する推計結果」です。この調査結果によると、調査時の2016年時点では、28.1万人のセキュリティ人材がいるものの、13.2万人不足している状況であり(青枠内)、2020年にはさらに19.3万人へと不足数が増加すると予想されています。
この発表後、マスコミ報道でも「セキュリティ人材不足」が問題視され、あたかもハッカーのようにスキルの高い人材が大きく不足しているような報道がされています。しかし不足人数に注目すると、実は「ユーザ企業」での「IT利活用人材」において、セキュリティ知識を身につけておいてほしい人材数が、「12.4万人」とそのほとんどを占めている点が大きな問題なのです。(赤枠内)

出典:経済産業省「IT人材の需給に関する推計結果の概要」

 人材不足に対応する育成ターゲット層は「プラス・セキュリティ」人材 *
~国の施策も事業部門におけるセキュリティ対策は不十分~

*「プラス・セキュリティ人材」とは、本来の業務を担いながら IT を利活用する中でセキュリティスキルも必要となる人材のことです。

下左図は、経済産業省から公開されている、セキュリティ人材不足と国の対応状況との相関関係です。従来のセキュリティ人材育成施策の多くが、図中右側の IT 系企業でのセ キュリティ専門人材向けですが、このエリアは人材不足感があまり大きくなく、 既存の研修コースも充実しています。
今問題なのは、国の政策としてもカバーできておらず、最も大きな人材不足に陥っている「プラス・セキュリティ人材」のための育成対策です。

 DX時代に求められるセキュリティ研修体系の新分野
~DXを推進するためには、IT利活用人材が安心・安全の必要性を理解するためにセキュリティリテラシーが必要~

アイ・ラーニングでは、既存の研修コースと経済産業省人材育成施策資料とのマッピングを行い、 今育成が求められるプラス・セキュリティ人材向けの新コースを開発しました。

【新コース開発の視点】
  1. セキュリティ人材が不足しており、育成が必須のエリア
  2. 現在手付かずで国の対策も進んでおらず、世の中にも育成コースがほとんどないエリア

 ビジネス現場やインシデント発生での実際の対応方法などを重視


【 ビジネス現場 】+【 リテラシー 】

お客様のご要望に合わせて、1 社専用のクラスとして開催することも可能です。また、お客様の環境やニーズを最大限に取り入れ、カスタマイズしたコースのご提供も可能です。お気軽にお問い合わせください。

デジタル時代では、IT部門外でも多くの企業人がITを利活用してビジネスを推進することになります。 このような全社員がIT利活用人材となる時代では、ビジネス現場で求められるセキュリティリテラシースキルが必須となります。 当コースは、ビジネス現場とセキュリティリテラシーが直結した新たなコースになります。

一般のセキュリティリテラシーの中から、ビジネスの現場で求められる内容
  • 最新セキュリティ脅威が、一般社員にも影響を与える可能性を理解します
  • 会社情報を取り扱う企業人が知っておくべき、自社内での規定やポリシーについて学びます


インシデント対応の模擬体験

インターネットに接続していれば、またメールを使用していれば、どんな環境であってもサイバーセキュリティ脅威に遭遇する危険性があります。つまり、ほぼ100%の企業がサイバー攻撃の対象になる可能性があり、一度攻撃を受けると秒単位で被害が拡大してしまいます。セキュリティインシデント対応はすべて外注にお任せといった企業でも、最低限自社内で対応すべき役割と、その人員が必要です。
当コースでは、ノー・セキュリティスキルの方でも、これだけは理解しておいてほしいインシデント発生時の対応方法と、予め自社内で決めてお かねばならない事項について、机上演習を通じて理解していただきます。

自社で最低限必要なサイバー攻撃を受けた際の役割
  • サイバー攻撃を受けた際の現場で必要な初期対応について演習を通じて理解します
  • サイバー攻撃を受けた際の自社への影響をシミュレーションします
プラス・セキュリティ人材育成
コード コースタイトル 日 数 提 供 形 態
CD071 デジタル時代に必要なセキュリティリテラシーNEW !
~安心・安全を確保する基礎スキル~
1日
CD064 セキュリティインシデント対応模擬体験NEW !
~セキュリティインシデント発生、その時あなたはどう動く~
1日