i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



ITプロフェッショナルのための業種業務研修



保険業業務e-ラーニングシリーズ


コースコード コース名 学習時間
61G49 保険業eL速習 e-ラーニングコースNEW ! 4時間(60日間)
61G41~61G45の中から保険業の基礎知識相当部分を抜き出して集約した保険業未経験者向けの基礎コースです

61G40 保険業業務 e-ラーニングパックNEW ! 24時間(120日間)
保険業業務e-ラーニングシリーズの全6コースが4か月間受講可能なコースです。
(※61G41~61G46までの全6コースパックです)

61G41 保険業業務 保険事業の基礎知識NEW ! 4時間(60日間)
保険業e-ラーニングシリーズの最初に位置するコースで日常のリスクと保険、保険の分類と種類、保険の仕組みと保険料、保険契約の基本要件、日本の保険業界について学習
61G42 保険業業務 生保会社の経営体制NEW ! 4時間(60日間)
生保会社の様々な業界資料や個別企業の決算資料などを活用して、主要な経営指標を読み取り、事業体制の特徴を把握して、主要商品の構成や補償内容、契約動向などを学習
61G43 保険業業務 生保の業務とシステムNEW ! 4時間(60日間)
生保会社の4つの基幹業務とシステムおよび主要な共同利用システムについて、その全体像、基幹業務ごとの事務処理プロセス、それを支援する情報システムの機能などについて具体的に掘り下げて学習
61G44 保険業業務 損保会社の経営体制NEW ! 4時間(60日間)
損保会社の様々な業界資料や個別企業の決算資料などを活用して、主要な経営指標を読み取り、事業体制の特徴を把握して、主要商品の構成や補償内容、契約動向などを学習
61G45 保険業業務 損保の業務とシステムNEW ! 4時間(60日間)
損保会社の6つの基幹業務とシステムについて、その全体像、個別システムごとの業務プロセス、および業界共同利用システムについて具体的に掘り下げて学習
61G46 保険業業務 インシュアテックの動向NEW ! 4時間(60日間)
最初に保険業界において起きている事業環境の大きな変化の要点を生保と損保それぞれの視点で事実データをもとに理解します。その上で、これらの未曽有の課題に対して、IoT、ビッグデータ、AI、テレマティックスなどの最新のデジタル化技術を活用して、商品・サービス、顧客サービス、事務プロセスの3分野で、生保業界、損保業界がそれぞれに進めている業務改革の取り組み動向を学習

金融業業務e-ラーニングシリーズ


金融業業務e-ラーニングシリーズ コース一覧

コースコード コース名 学習時間
61G20 金融業業務e-ラーニングパック 28時間(120日間)
金融業e-ラーニングシリーズの7コースが4か月間受講可能なコースです。
(※61G21~61G27までの全7コースパックです)

61G21 金融業業務 金融の基礎 4時間(60日間)
金融機関の分類、金融市場の分類、お金の時間的価値、資産価値の評価、リスク管理、銀行の基本機能、金融機関の業態別基本機能など「金融」と「金融機関」に関する基本概念について学習
61G22 金融業業務 金融システムと金融行政 4時間(60日間)
欧米との比較による日本の金融システムの特徴・金融行政の主要施策と実施プログラム・日本の経常収支とGDPシェアなどにより、日本の金融システムと金融行政の特性と中長期的な課題について学習
61G23 金融業業務 金融機関の業務と経営 4時間(60日間)
日本銀行の目的と役割、銀行の分類・業務内容と収益構造、証券会社の主要業務と収益構造、証券取引所の機能と制度、信託銀行の業務と経営など金融機関の主要業態別にその業務と経営について学習
61G24 金融業業務 金融商品とサービス 4時間(60日間)
預金・為替・貸出の種類と仕組み、手形の金融機能、有価証券および投資ファンドの種類と仕組み、年金制度と年金商品、加えて業態の垣根を超える金融グループ制度改革の現状と課題について学習
61G25 金融業業務 金融派生商品と証券化商品 4時間(60日間)
金融取引手法とその商品の多様化に注目し、先物・オプション・スワップ、クレジットデリバティブ、仕組み商品などのデリバティブ、資産証券化商品・再証券化商品・保険リンク証券などのスキームについて具体的に学習
61G26 金融業業務 金融機関の情報システム 4時間(60日間)
銀行系情報システムとして統合ATMシステム、CMS・一括支払システム、電子記録債権システム、信託銀行の信託系基幹システム、証券会社・証券取引所の業務と基幹システムの構成等について具体的に学習
61G27 金融業業務 金融業界共同利用システム 4時間(60日間)
金融業界で共同利用している全銀システム、日銀ネット、外為円決済・CLS・SWIFT、証券清算機関および保振機構のシステムの役割・機能・相互関連などについて体系的かつ具体的に学習

製造業業務e-ラーニングシリーズ

※ 62G63 :「製造業業務 プロセス型製造業の特徴」が新コースで追加されました。


コースコード コース名 学習時間
62G50 製造業業務 e-ラーニングパック 52時間(180日間)
製造業業務e-ラーニングシリーズの全13コースが6か月間受講可能なコースです。
(※62G51~62G63までの全13コースパックです)

62G51 製造業 業務概要 4時間(60日間)
製造業業務e-ラーニングシリーズの他のコースを受講するための前提基礎知識が幅広く体系的に習得できます。内容は「いろいろな製造業、製造業の基本課題、いろいろな生産形態、製造業の基幹業務」の4章構成です。
62G52 製造業業務 開発・設計 4時間(60日間)
開発・設計業務の実践知識を習得するコースで、「開発・設計の位置付け、研究・開発の業務内容、開発・設計の上流工程、開発設計の目標と対応策、対応策の内容と要件」の5章構成です。
62G53 製造業業務 基準情報管理 4時間(60日間)
基準情報管理業務の実践知識を習得するコースで、内容は「基準情報とは、部品表、品目マスター、製造工程表と設備台帳、その他の基準情報」の5章構成です。
62G54 製造業業務 生販在計画 4時間(60日間)
生販在計画業務の実践知識を習得するコースで、「生販在計画の位置付け、需要予測、販売計画、生販在計画(PSI計画)、生産計画と基準生産計画、生販在計画の機能」の6章構成です。
62G55 製造業業務 MRPと製番管理 4時間(60日間)
MRPと製番管理業務の実践知識を習得するコースで、「MRPの位置付け、MRPとは、MRP利用の業務領域、MRPの主要項目、MRPの計算過程、MRPと製番管理」の6章の構成です。
62G56 製造業業務 購買管理 4時間(60日間)
購買管理の実践知識を習得するコースで、「購買管理の位置付け、購買管理の役割、購買活動、購買活動を支える仕組み、購買関連の課題、購買管理の機能」の6章構成です。
62G57 製造業業務 工程管理 4時間(60日間)
工程管理業務の実践知識を習得するコースで、内容は「工程管理の概要、製造指示、製造進捗管理、かんばん方式、工程管理の機能」の5章で構成されています。
62G58 製造業業務 品質管理 4時間(60日間)
品質管理業務の実践知識を習得するコースで、内容は「品質管理の位置付け、品質管理の基本、品質保証、品質改善活動、国際標準化機構」 の5章構成です。
62G59 製造業業務 物流管理 4時間(60日間)
物流管理業務の実践知識を習得するコースで、内容は「製造業における物流、物流企画と物流設計、物流実務、物流技術と包装設計、物流システム開発」の5章構成です。
62G60 製造業業務 在庫管理 4時間(60日間)
在庫管理の実践知識を習得するコースで、内容は「在庫管理の位置付け、在庫管理とは、在庫精度向上活動、在庫目標の設定と削減活動、在庫管理の業務機能」の5章構成です。
62G61 製造業業務 原価管理 4時間(60日間)
原価管理業務の実践知識を習得するコースで、内容は「原価管理の位置付け、製造原価の基本、原価管理、原価計算、原価計算の種類、原価差異分析、原価低減活動、製造原価の応用例、原価管理の機能」の9章構成です。
62G62 製造業業務 情報システム 4時間(60日間)
製造業におけるIT活用の実践知識を習得するコースで、「製造業の情報システム、情報システム進化の歴史、製造業の固有システム、IoTの動向と今後の方向」の4章構成です。
62G63
NEW!!
製造業業務 プロセス型製造業の特徴 4時間(60日間)
プロセス型製造業の特徴を習得するコースで、「プロセス型製造業の概要、プロセス型生産の特徴、設備保全と情報システム」の3章構成です。

お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
受付時間:土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00

お問い合わせフォーム