i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

テスト設計(シナリオテスト)~業務フロー等を基に網羅的なテスト設計を習得~

コースコード EDS06
受講料 46,200円
(税別価格42,000円)
期間 1日
受講時間 10時00分 ~ 17時00分 (昼休憩60分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

システム全体をブラックボックステストとして捉え、業務フローに沿ったシナリオからテストケースを設定する「シナリオテスト」。
ユーザーニーズを満たすためには非常に重要なテストですが、実際に設計してみると漏れや重複が発生しやすく、エンジニアの力量が問われるこの「シナリオテスト」をどう設計するか?

本講座では、ソフトウェアテスト専門会社SHIFTで実際に使用されている「テスト設計」手法を余すところなく伝授致します。
要求定義で活用するユースケース図等のモデリング手法を用いながら、シナリオテストケースに落とし込むまでの具体的な方法論を、演習を交えて身につけることができます。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
・人依存しない網羅的なシナリオテストの設計技法が習得できる

対象者

設計する担当者によって作り方や内容にバラツキがおこり、それを改善したいとお考えの方、網羅的なシナリオテストの設計方法を身につけたい方にはおすすめです。

・担当者によって異なるテスト設計を改善し、標準化したい方
・網羅的なシナリオテスト設計方法を習得したい方
・シナリオテストケースをより効率的に作成したい方

前提条件

「テスト設計(機能テスト)」(EDS05)を事前に受講されるとより効果的です。

内容

1. シナリオテスト設計基礎
・シナリオテストとは?
・シナリオテスト設計プロセス概要
・シナリオテスト設計書フォーマット
・シナリオテストのテストベース
2. シナリオテスト設計実践(目的・工程・アクター)
・目的とは?工程とは?アクターとは?
・目的・工程・アクター洗出し例
・演習(目的・工程・アクター洗出し)
3. シナリオテスト設計実践(因子・水準)
・因子・水準とは?
・シナリオテストにおける因子・水準の考え方
・因子・水準抽出方法
・演習(因子・水準抽出)
4. シナリオテスト設計実践(確認項目・期待値・手順)
・シナリオテストにおける、確認項目・期待値・手順
・確認項目・期待値・手順設定ポイント
・演習(確認項目・期待値・手順)
5. シナリオテスト設計演習
・(演習)ウェブシステムを用いたシナリオテスト設計演習

補足

当コースは、株式会社SHIFT直営クラスへのご案内となります。
※開催1週間前までに5名以上の申込みがない場合は開講を中止することがありますのでご了承ください。
※他社提携コースは、お申し込み後に空席確認を行います。主催会社でお席の確保ができた後に受付確定となります。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
08 2021年11月08日~2021年11月08日 麻布台(株式会社SHIFT) 受付中
88 2021年11月08日~2021年11月08日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中
89 2021年11月24日~2021年11月24日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中
90 2021年12月24日~2021年12月24日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中
91 2022年01月12日~2022年01月12日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中
12 2022年02月04日~2022年02月04日 麻布台(株式会社SHIFT) 受付中
92 2022年02月04日~2022年02月04日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中
13 2022年03月04日~2022年03月04日 麻布台(株式会社SHIFT) 受付中
93 2022年03月04日~2022年03月04日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中
14 2022年03月24日~2022年03月24日 麻布台(株式会社SHIFT) 受付中
94 2022年03月24日~2022年03月24日 オンラインlive講座(株式会社SHIFT) 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

当コース受講後の後続コースとしておすすめします。

<テスト設計ステップアップ講座>
本講座を受けた後は以下の講座を受講いただきますと、より効果的にテスト設計スキルが身につきます。
・テスト演習(機能テスト)~仮想プロジェクトで腕試し スキルレポート付~(EDS07)

<エンジニアステップアップ講座>
本講座を受けた後は以下の講座を受講いただきますと、より効果的にエンジニアスキルが身につきます。
・仕様書インスペクション ~上流品質を高め手戻りを防ぐドキュメントレビュー技法~(EDS08)
・テスト自動化実践 ~「Selenide」を用いた実践的なWebテストのハンズオン~(EDS09)
・DevOpsテスト入門 ~継続的デリバリーを実現するテスト自動化の基礎~(EDS10)

<マネジメントステップアップ講座>
本講座を受けた後は以下の講座を受講いただきますと、より効果的にマネジメントスキルが身につきます。
・テスト計画 ~成功する為のテスト計画・見積もりの極意を伝授~(EDS12)
・テスト管理 ~テスト実行時の管理方法・変更多発のテスト管理にお悩みの方必見~(EDS13)
・不具合分析 ~障害報告や不具合データを分析と対策、今後の改善に活かす方法を伝授~(EDS14)
・テストプロセス改善 ~TPI NEXTを活用した評価・改善案策定を一日で伝授~(EDS15)
・テスト戦略 ~テスト計画に繋がる具体的な戦略立案の肝~(EDS16)

備考

【オンラインクラスの場合の注意点】

・集合研修を同時刻でインターネット配信も行うハイブリッド講座となります。
・オンライン参加をされる方は、Zoomをご用意ください。
・環境については次のリンク先記載の推奨環境をご確認ください。
  http://www.hinshitsu-univ.jp/whatishybrid/
・折り紙にて演習を行いますので、折り紙、もしくは正方形の紙をご準備ください。

快適なご受講のため、下記の推奨環境をご用意ください。

※他のツールでも対応可能です。詳しくはお問い合わせください。

システム要件 : インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
OS : Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X (10.7以降)
ブラウザ : Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降
※ZOOMのアプリケーションのインストールを前提とした場合の推奨環境です。
CPU : デュアルコア2Ghz以上
メモリ : 4GB以上
ディスプレイ : サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。