i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



研修事例:ラデックス様

PDCAサイクルを活用したITスキル向上計画

ISO9001の取得をきっかけに、全社およびプロジェクトの品質改善活動を開始。 品質目標の1つとして、スキルの維持向上を目指し、「教育委員会」を発足させました。教育委員会で具体的な数値目標を立て、スキル診断と研修を組み合わせることで、目標を達成しました。さらに、成果の確認と改善のために「人財育成会議」を実施し、教育プロセスのPDCAサイクルを回すことでさらなる品質向上を目指します。

PDCAサイクルとは
事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する


【実施内容】

1. 新入社員研修:入社年度にITパスポート資格取得を義務化
    e-ラーニングと、集合研修とを組み合わせて実施
    研修の評価から必要項目を抽出し、改善を実施
2. マネジメント教育:対象者に合わせて複数の研修コースから選択できる方法で実施
3. 技術教育:年次に合わせた目標資格を定め、e-ラーニング、集合研修により底上げを実施。
    試験結果を元に年2回の面談を実施

【スキルの見える化】

ITスキル研究フォーラム(iSRF)の全国スキル調査にて、全国平均と比べて高い数字となった。

ラデックス様について

制御系から組込み系のソフトウェア開発を得意とし、近年は社会インフラ系システムからWebシステムの開発に至るまで、幅広くサービス提供を行なっています。

お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00

お問い合わせフォーム