i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



Red Hat ラーニングサブスクリプション


RedHat のラーニングサブスクリプションは、Red Hat が提供するオンライン学習プラットフォームを通して学習できる「Red Hat トレーニングオンラインコース」を1年間、クラウドでの実習環境つきで対象コースを受講し放題のサービスです。 対象コースの範囲が異なるエディションをご用意していますので、ご自身のスキルにあわせてお選びいただけます。

Red Hat ラーニングサブスクリプションの特典

  • 広範なカリキュラム
    さまざまに取り揃えたコースを活用して、自分のペースで学習できます。
  • クラウドベースのラボ
    クラス形式のラボに、どこにいても年中無休でアクセスできます。
  • 認定試験
    Standard エディションとDeveloper エディションには個人端末での受験権利が付き、資格取得によりスキルを証明できます。


選べる3つのエディション

Edition 対象範囲 ハンズオン 受講料(税別) 個人端末受験
(LS120) Basic 全領域(50コース以上) 400時間 350,000 円 なし

Edition 対象範囲 ハンズオン 受講料(税別) 個人端末受験
(LS220) Standard 全領域(50コース以上) 400時間 550,000 円 5科目の受験と、そのうち2科目までの再受験

Edition 対象範囲 ハンズオン 受講料(税別) 個人端末受験
(LS300) Developer 開発者専用コース(約14コース) 100時間 315,000 円 開発者向け認定試験3科目まで

※ 3エディション共通の特長

  • 1年間有効。ただし、受講開始後の名義変更はできません。
  • 10コースまで教材をPDFファイルでダウンロード可能です。
  • コンテンツはバージョンアップ版が随時追加され、教室コースより先に新コースバージョンを受講・実習することができます。


お勧めポイント!

  • 学習箇所を、コースを問わずに任意に選択することができます
    例えば、
    • 受講中でも、少し前提知識が足りないと感じたら、前提コースの方に移動する
    • 既知の内容の学習範囲になったので、後続のコースに移動する
    • あるコースの気になっている章だけ選択して学習する... など

  • 環境構築のための手間や追加コストをかけずに、手軽に実習することができます

  • RHEL7で学習して、RHEL8でも学習可能など、バージョンが上がっても繰り返し学習することができます

  • インターネット接続ができれば、オフィスの自席でも自宅でもカフェでも、場所を選ばずに受講することができます

  • 受験権利がつくエディション(Standard,Developer)なら、例えば「資格取得」をゴールに設定することで、学習到達目標を明確化することもできます


Red Hat では受講者の利便性が向上するよう Red Hat ラーニングサブスクリプションの機能をアップグレードしています。エキスパートとのチャット、ラーニングパス、エキスパートからのメッセージなど、レベル別の特長をご確認ください。