i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



DX推進リーダー養成


DX 推進は第2ステージへ

DX 推進は、デジタル技術を使い、業務やサービスの変革を通して、新たな価値を創造することです。
DX 担当者に加えて、各部門がそれぞれ DX を推進していく段階に差し掛かっています。
社内のどの部門でも変革は可能なのです。


デジタルトランスフォーメーション (DX) という言葉が一般的になってから数年が経ちました。
最近は一般のマスコミでも DX という言葉が出ない日はないと言ってもよいでしょう。この間、各企業は自社の変革を起こすために策を講じてきました。 具体的には「DX 推進部門」を設置し、各部門から優秀な人財を集めて、DX を推進しておられる企業も多いでしょう。
また、DX 推進は、経営者を中心に組織の中核で担っているという企業も多くあります。
しかし今、DX 推進は新たなステージに入ってきました。限られた DX 担当者だけでなく、各部門がそれぞれ DX を推進していく段階に差し掛かっています。


DX の進め方と求められるスキル

DX 推進は、企業によりさまざまなアプローチをされていますが、当コースでは「自社・顧客の戦略、業務、実施すべき施策を理解する」ところから始まり、ビジネス実証に至る前段階であるアイデアをビジネスで実現する姿を描くところまでを、ケーススタディで体験することで DX 推進に必要なスキルを身につけます。


コースの構成と主な内容

ブレンディッドラーニング

  • 当コースでは、複数の学習要素をブレンドした新しい学びの形をご提供します。
  • ブレンディッドラーニングは「e ラーニングとクラスルームの組み合わせ(反転学習型)」にとどまりません。
  • テーマに合わせて適切な学習素材や学習活動をとおして、学びの効果を最大化し、より継続的で実践的な学びの場とします。
   


 概要

コース名 DX 推進リーダー養成
コード DBW10
コース概要 3ヶ月間にわたって、ブレンディッドラーニングで実施します。
DX マインドを身につけるリモートスタディ、クラスメンバーとのかかわりを通して発想力・企画力を高めるクラスルーム、ケース演習で DX 推進のプロセスを体得するリモートワークショップ、自部門 / 自社 / 顧客の実際のケースを用いての演習などの、様々な学習手段をとおして、DX 推進のスキルを身につけます。
コース目標 自部門 / 自社 / 顧客の
1. DX を起案・推進するために必要な要素を理解できる
2. 戦略・施策から DX を進めるべき領域を選定できる
3. DX 課題を可視化し、テクノロジーを活用した解決策を策定できる
4. DX 推進の方向性を定め、DX の起案、提言ができる