i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

ソフトウェア開発の実践的見積り

  • コースコードPM731

  • 受講形態オンライン
  • 日数1日間

  • 受講時間9時30分 ~ 17時00分

  • 受講料55,000円 (税別価格50,000円)

当コースは、ソフトウェア開発見積りに携わる方を対象に、演習を通して実践的見積方法を学ぶ1日コースです。

ソフトウェア開発における見積りとは、開発の規模、あるいは完成までに要する期間やコストなどを予想した数値のことであり、不確定要素が多く簡単ではありません。「見積りの目的は?」、「何を見積るか?」、「いつ行うのか?」、「見積り方法は?」、「前提条件・制約条件は?​」などの観点を明確にして実施する必要があります。

なお、ソフトウェア開発見積りでは、一つの見積り方法に依存しては​危険であるため、二つ以上の見積り方法を使用して、見積り値の​違いと見積り方法間での乖離を確認することが大切です。​当コースでは、代表的な見積り手法の概要や、実践的な見積りの手順などを、3回の演習を通して具体的に学ぶことができます。​


※開催初日の15日前に開催判断を行いますので、お早めにお申し込みをお願いいたします。

  • PDU対象
  • 助成金可能性有
  • ワークショップ

ご希望の日程に合わせた
リクエスト開催も可能


詳細情報

対象者

情報システム開発(ソフトウェア)に関わる管理者、営業、プロジェクト・マネジャー、リーダー、および技術者​

前提知識

情報システム開発(ソフトウェア)関連の経験があること、あるいは同等の知識があること

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。

・情報システム開発(ソフトウェア)に関連する規模、工数、期間、コストなどを見積るためにどのような手法があるのか全容を理解する​

・実プロジェクトでこれらの見積り手法をどう利用するかを理解する​

・一般的に公開されている見積りデータの使用方法を理解する​

・演習を通じて情報システム開発における実践的な見積りができるようになる​

研修の内容

【午前】

1.ソフトウェア開発の見積り概要​

2.ソフトウェア開発の実践的な見積り手順​

3.ソフトウェア開発の規模見積り​

<演習1.FP法による見積り​>


【午後】

4.ソフトウェア開発の工数見積り​

<演習2.1億円のコストで開発可能なソフトウェアの規模は?​>

5.ソフトウェア開発のコスト見積り​

6.ソフトウェア開発の期間見積り​

<演習3.総合見積り演習​>

7.ソフトウェア保守開発の見積り​

スキルレベル

ITSS+ 共通スキルレベル: レベル4

資格関連情報

当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(7PDU)が取得いただけます。
(PDU対象コースのご紹介 参照)


開催情報

開催概要

日数 1日間
受講時間 9時30分 ~ 17時00分
受講料 55,000円
(税別価格50,000円)

開催日程・場所

日時 場所 状況 締切日 セッションID
11月8日(水) オンラインクラス クラス終了 11月5日(日) 04
12月22日(金) オンラインクラス 【開催決定】クラス終了 12月19日(火) 05
1月31日(水) オンラインクラス 【開催決定】クラス終了 1月28日(日) 01
3月22日(金) オンラインクラス 受付締切(満席) 3月18日(月) 02
5月31日(金) オンラインクラス 受付中 5月28日(火) 03
7月16日(火) オンラインクラス 受付中 7月10日(水) 04
9月6日(金) オンラインクラス 受付中 9月3日(火) 05

重要事項

キャンセル規定

受講開始8日前から受講料(購入価格)の50%のキャンセル料がかかります。 また、受講開始0日前(当日キャンセル)から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

受講者メールアドレス

□受講者メールアドレスについて
・各クラスとも、電子テキストおよび受講のご案内を、受講者の方のメールアドレス宛てに送付させていただきます。
・お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレス入力が必須となります。

テキスト

□テキストについて
・各クラスとも、電子テキスト(PDF)を事前に配布いたします。
ご受講の際には、テキスト閲覧用デバイスをご用意いただくことをお薦めいたします。
・当コースは、電子テキスト(PDF)のご提供のみとなり、印刷テキストには対応しておりません。
※印刷テキスト送付サービスを終了いたしました。
2023年11月以降の開催クラスより、電子テキスト(PDF)のみのご提供となります。

オンラインクラス

□オンラインクラス
オンラインクラスはZoomで提供いたします。
あらかじめミーティング用Zoomクライアントが導入されたパソコンをご準備ください。
Zoomクライアントが使えない環境の場合、Zoom Webクライアントでご受講いただけます。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に) および オンラインクラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

備考

PMI®, PMBOK® Guide, PMP® は、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute,Inc.)の登録商標です。

2023年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:PM730)

□オンラインクラスご参加のお客様で、自宅やオフィス以外の場所でのオンライン受講をご希望の方には iLスクエア をご提供いたします。ぜひご活用ください。


メッセージ

ソフトウェア開発の見積り手法として以下を学習します:​

① 類推見積り​

② 標準タスク法​

③ 作業分配法​

④ ファンクション・ポイント法​ <演習>

⑤ COCOMOⅡ​ <演習>

⑥ 関数モデルによる見積り​

⑦ 開発ステップ数による見積り​

⑧ CoBRA法​

⑨ WBSによる見積り​

⑩ PERTによる3点見積り​

⑪ 開発期間の算出方法​


お客様の声

【お客様の声】
・いろいろな見積り手法があるとわかりとても参考になりました。あと、新規開発だけでなく、改良開発にも活用できるとわかり、実際の業務にも活用出来そうだと思いました。
・簡易FPについては、社内の勉強会で聞いたことはありましたが、ちゃんとした見積方法として学習したのは初めてでした。また普段はシステムの保守の機会が多いので、保守開発の見積に関して伺うことが出来たので、勉強になりました。
・発注者の立場で見積工数の妥当性を検証したいというニーズにマッチした研修内容であり、参考になりました。
・見積りの講習というのは他で見かけたことがなく、貴重な経験になりました。

ソフトウェア開発の実践的見積り
問い合わせる

ご希望の日程でリクエスト開催も可能

条件を指定してコース検索


コース
検索