i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

IBM iシステム操作編 e-ラーニングコース

コースコード 61I18 WW Course Code  AS24G
受講料 230,040円
(税別価格213,000円)
※ 受講料は、消費税8%での税込表示をしておりますが、
  お申し込み手続き時に税率を再計算いたします。

→ 消費税改定についての詳細はこちら
期間 60日
標準学習時間: 32時間

お申し込み

参加人数

コース概要

これからIBM iの運用、管理に携わる全ての方を対象とする、IBM iのシステム操作入門e-ラーニングコースです。
実行管理、機密保護、回復設計の実施前段階として、これらに関する基礎知識を解説します。
従来はあまり説明されることが無かった文書化コマンドを理解することにより、プログラムとDBの関連、物理ファイルと論理ファイルの関連など、必要な情報を取り出し、様々な分析に利用できるようになります。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
IBM i のシステム操作員として、以下の操作を行う
システム画面の使用
コマンド検索
メッセージの取り扱い(5250エミュレータ)
ライブラリーリストの設定
印刷制御
実行環境の調査
バッチ投入
機密保護の基礎
保管/復元
ログの使用

対象者

IBMi(System i)のシステム操作を行う方

前提条件

「IBM i 入門編」(SI001)を修了しているか、同等の知識経験を有すること

内容

【学習項目】
 第1章 IBM i の紹介
 第2章 システムインターフェースとヘルプ
 第3章 メッセ―ジ
 第4章 オブジェクト管理
 第5章 制御言語
 第6章 印刷制御
 第7章 実行管理
 第8章 機密保護
 第9章 回復設計
 第10章 システム管理
 第11章 文書化コマンド


【コース構成】
・音声付きビデオ
・補助教材付き(PDFダウンロード形式)
・アンケート付き(今後のコース運営の参考にするために、ご回答にご協力をお願いします。)

【コース修了条件】
・すべてのビデオを最後まで学習すること

【稼働環境】
[PC環境]
OS: Windows7 / Windows8 / Windows10 / macOS High Sierra
ブラウザー: Internet Explorer 11、Microsoft Edge、
      Firefox 最新版推奨、
      Google Chrome 最新版推奨、
      Safari 最新版推奨
ブラウザー設定:JavaScript、Cookieの使用許可
モニター: 解像度1024×768 pixel 以上、16bit / 65536色以上
サウンド : サウンド・ブラスター互換のサウンド・ボード
ネットワーク環境:ブロードバンド環境推奨

[タブレット・スマートフォン]
iPhone6以降、iPad (iOS 5.1 以降) Safari、Andriod 6.0.x 以降 + Chrome
ネットワーク環境: LTE回線 または、WiFi接続推奨
画面の広いデバイスでご受講ください。

*稼働環境については、2018年08月時点で稼働を確認していますが、将来にわたって稼働を保証するものではありません。
上記動作環境を満たしている場合でも、すべてのお客様環境での動作を保証するものではありません。

スキルレベル

ITSS-ITスペシャリスト-プラットフォーム(i)、テクノロジ、レベル2

補足

当コースは「IBM i システム操作編」(AS601)をベースにeラーニングとして制作したものです。

当コースはe-ラーニングコースです。
・お申込み時に受講開始希望日の入力が必要となります。
・お申込みの際は‘e-ラーニング利用条件’に同意する必要があります。

お申し込みいただくと開始希望日までに案内メールとともに受講用IDを送付させていただきます。このIDを受取ってから60日間が受講期間となります。

2019年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード61I10)

お申し込み

参加人数

キャンセル規定

受講開始4日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
IBM i 入門編(SI001)

<後続コース>
システムの運用管理を行う方は、当コースの後以下のコースをご受講ください。
IBM i 機密保護演習(AS611)
IBM i 実行管理演習(AS621)
IBM i 回復設計演習(AS631)