「自ら学び、考え、行動する人財」を育成します



ITスキル標準対応研修

経済産業省が、情報サービス産業のレベルのバロメータとして設定した「ITスキル標準」およびその「研修ロードマップ」に、当社が提供するコースをマッピングすると共に、どのコースを受講すれば良いかを適切にガイドします。

対象者

ITプロフェッショナル(ITスペシャリスト、アプリケーションスペシャリスト)および当該職種を目指す方

ITスキル標準対応研修について

IT を駆使した情報システムの構築および活用が企業の重要な戦略として位置付けられる現在、その中核を担う情報システム部門や情報システム・インテグレーターの人材のあり方が、これまでの情報システム開発を中心に担当してきた SE(システムズ・エンジニア)から、より高度な技術を持った専門家へと変わりつつあります。このような変化の中で経済産業省では企業や部門の IT 人材をプロフェッショナルとして再定義し、これらの人材の育成を体系的に標準化することを試み、「ITSS:ITスキル標準」が2002年12月に発表されました。

アイ・ラーニングでは、これまでもIT人材像を見直し、効率的かつ効果的に業務を遂行するために必要となる能力やスキルを明確化し、 体系的にITプロフェッショナルの育成をご提案してまいりました。

その経験をもとに、提供中の研修コースを「IT スキル標準 V3 」に対応させ、「IT スキル標準 V3 に対応したコース体系」を作成しました。IT人材の育成に、是非、当ロードマップをご利用ください。


これまでのSEに求められていたスキル要件(システム・スキル、業務スキル、管理スキル、プログラミング・スキル)これからのIT プロフェッショナルに求められるスキル要件(ビジネス・スキル、プロジェクトマネジメント・スキル、ヒューマン・スキル、業務スキル、IT テクニカル・スキル、コンサルティング・スキル)

これまでのSEの特徴

これからのIT プロフェッショナルの特徴



クイック検索