i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

(EX467)Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Managing Automation with Ansible Automation Platform - (教室)

  • コースコードEX467

  • 受講形態対面
  • 日数0.5日間

  • 受講時間9時30分 ~ 12時30分

  • 受講料55,000円 (税別価格50,000円)

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Developing Automation with Ansible Automation Platform では、Ansible Automation Platform の高度な機能を使用して、Ansible で大規模な環境を管理する能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat 認定スペシャリスト - Managing Automation with Ansible Automation Platform - として認定されます。また、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) になるための前提条件にもなります。

この試験に設定された内容は、利用できる最新の Red Hat 製品バージョンに基づいています。


※他社提携コースは、お申し込み後に空席確認を行います。お席を確保できない状況の場合はご連絡させていただきます。

なお、「残席数」はリアルタイムに反映されていない場合がございます。また、残席数表示に関わらず申込可能な場合がございますので、正確な「残席数」については、お問い合わせください。

  • 資格取得
  • 他社提携

詳細情報

対象者

本試験では、大規模で複雑なプロジェクトの管理への Ansible の適用、および Ansible の Automation controller と Automation Hub の使用についての知識と理解を実証したいと考えている人や、次に述べるような業務の担当者を対象にしています。

・経験豊富な Linux システム管理者
・DevOps エンジニア
・クラウド管理者
・その他の IT プロフェッショナル

前提知識

・Developing Advanced Automation with Red Hat Ansible Automation Platform(RH374(DO374))を受講するか、Red Hat Enterprise Linux、Ansible Automation Platform、Automation Hub および Automation controller で同等の実務経験を有する
・Red Hat Enterprise Linux Automation with Ansible(RH294)を受講するか、Red Hat Enterprise Linux および Ansible Automation Platform で同等の実務経験を有する
・コースの目的を確認しておくこと

研修の内容

【試験の学習ポイント】

●Ansible Automation Platform のインストール
 ・プライベート Automation Hub をインストールする
 ・Automation controller をインストールする
 ・インストール後に Automation controller を構成する
●プライベート Automation Hub の構成
 ・Content collections を Private Automation Hub にアップロードする
 ・実行環境を Private Automation Hub にアップロードする
●プライベート Automation Hub へのアクセスの管理
 ・グループを作成し、さまざまなパーミッションをグループに割り当てる
 ・ユーザーを作成してグループに割り当てる
 ・ユーザータイプを設定する
●Automation controller のアクセスの管理
 ・Automation Controller のユーザーとチームを作成する
 ・ユーザーをチームの関連付けに関連付ける
 ・組織のロールを設定する
 ・ユーザータイプを設定する
●インベントリーおよび資格情報の管理
 ・ホストグループを作成する
 ・ホストグループにシステムを割り当てる
 ・インベントリーへのアクセスを設定する
 ・インベントリー変数を設定する
 ・ホストにアクセスするためのマシン資格情報を作成して設定する
●Automation Controller プロジェクトの管理
 ・プロジェクトを作成する
 ・ジョブテンプレートを作成する
 ・ジョブテンプレートへのユーザーアクセスを制御する
 ・ジョブを起動する
 ・ジョブテンプレートのアンケートを作成する
 ・Jinja テンプレートでアンケートの変数を使用する
 ・ジョブのスケジュールと通知を管理する
●Automation Controller ワークフローの管理
 ・ワークフローテンプレートを作成する
 ・ワークフロージョブを起動する
 ・自動承認のためのワークフロージョブを設定する
●高度なインベントリーの管理
 ・外部の静的インベントリーをインポートする
 ・スマートインベントリーでホストをフィルタリングする
●Automation controller API の使用
 ・API スクリプトを使用してジョブの起動に必要なパラメーターを取得する方法を理解する
 ・ジョブを起動するための API スクリプトレットを作成する
●Automation Mesh のインストールと設定
 ・自動化メッシュをインストールする
 ・インスタンスグループを作成、管理する
 ・デフォルトのインスタンスグループを controller のインベントリーまたはテンプレートに割り当てる
 ・特定のインスタンスグループで controller のジョブテンプレートを実行する
●Ansible Ansible Automation Platform のバックアップ
 ・Automation controller のインスタンスをバックアップする
 ・Ansible Private Hub のインスタンスをバックアップする

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります


開催情報

開催概要

日数 0.5日間
受講時間 9時30分 ~ 12時30分
受講料 55,000円
(税別価格50,000円)

重要事項

キャンセル規定

受講開始18日前から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

その他

【重要】
当コースはRedHat直営クラスへのご案内となります。
Red Hat コースのキャンセル規定にご注意ください。Red Hat コースのキャンセルは、クラス開始日の18日前から受講料金全額のキャンセル料が発生します。

お客様がRedHatコースを受講される際には、以下の手順でお客様自身による作業が必要です。

1.当コースに申し込む
2.「Red Hatアカウント」を取得してセッション詳細の申込フォームに入力する

実際に受講するためには、当コースお申し込み後、最低でも約1週間ほどはリードタイムが必要となりますので、余裕を持ったお申し込みをお願いします。
以下、手順に従って留意点をご案内します。



1.当コースに申し込む
 当コースお申し込みの際に、いくつかの留意点がありますのでご承知おきください。
 コース開始日の18日前までにお申し込みをお願いします。

2.「Red Hatアカウント」を、受講登録後、受講登録期限までに、セッション詳細の申込フォームに入力をお願いいたします。

■Red Hatアカウント作成方法
Red Hat のログイン ID を作成するにはどうすればよいですか?
 なお、すでにお持ちの方は新規で取得いただく必要はありません。

※お客様より申込フォームに入力をいただいた後、弊社からRed Hatに注文を行います。
※Red Hatが注文を受理した後、Red Hatより、お客様にご案内メールをお送りします。


メッセージ

【試験準備として】
試験対策として Managing Enterprise Automation with Red Hat Ansible Automation Platform (DO467) の受講を検討されることをお勧めします。このコースの受講は必須ではなく、試験のみを受けることもできます。

Red Hat のトレーニングコースに参加することは、試験対策として重要ですが、試験の合格を保証するものではありません。それまでの経験、訓練、適性なども試験に合格するための重要な要素となります。

【試験の形式は】
Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Managing Automation with Ansible Automation Platform - は、実践的な実技試験で、実際の開発タスクを行う必要があります。試験中、受験者はインターネットにアクセスすることはできず、資料や電子文書を持ち込むことも許可されません。ノートや書籍、その他の資料も持ち込めません。

関連講座

(EX467)Red Hat 認定スペシャリスト試験 - Managing Automation with Ansible Automation Platform - (教室)
条件を指定してコース検索


コース
検索