i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

Salesforce Platform 開発者: Apex と UI カスタマイズ [前編]

  • コースコードSF017

  • 受講形態オンラインもしくは対面
  • 日数3日間

  • 受講時間9時30分 ~ 18時00分(昼休憩:60分)

  • 受講料313,500円 (税別価格285,000円)

Salesforce Platform のプログラミング開発について学習します。[前編]では、開発言語である Apex および SOQL や SOSL を使用した、Salesforceアプリケーションの構築・拡張・配置方法について演習を交えて解説します。

  • 機械演習
  • 他社提携

詳細情報

対象者

・Salesforce Platform のプログラミング機能を学習したいアプリケーション開発者
・「認定 Platform デベロッパー」資格の取得を目指す方

前提知識

・Salesforce Platform アプリケーションビルダー基礎 [前編](SF014)コース、およびSalesforce Platform アプリケーションビルダー基礎 [後編](SF015)コースの修了、または同等の知識があること
・Java、C# などの一般的なオブジェクト指向言語の実装経験があること
※本コースは、オブジェクト指向プログラミングの基礎に関する内容は習得済みであることを前提としており、基礎知識に関する内容は含まれていません。

学習目標

・オブジェクトと項目の作成および効果的な活用
・VS Code と Salesforce CLI を用いた開発手法の習得
・Apex プログラミング言語の実装方法の習得
・SOQL を使用した Salesforce 組織のデータのクエリ方法の習得
・DML の実装方法の習得
・Apex トリガを使用した Salesforce 組織に対するデータ操作方法の習得
・Apex コードのテスト方法の習得
・効率的な Apex ソリューションの設計戦略

研修の内容

・オブジェクトと項目の作成
 ・数式項目の作成
 ・積み上げ集計項目の作成
 ・レコードタイプの理解
 ・その他の自動化ツール
 ・Lightning プラットフォームでのデータモデルの構築

・Apex プログラミング
 ・Apex の使用開始
 ・Apex の独特な特徴
 ・sObject の使用

・SOQLとSOSLを使用したデータの取得
 ・SOQL を使用したデータのクエリ
 ・Apex での SOQL クエリの記述と処理
 ・実行時の動的クエリの作成
 ・リレーションクエリの理解
 ・子→親リレーションのクエリ
 ・親→子リレーションのクエリ
 ・SOSL を使用したデータ検索

・DMLを使用したデータ操作
 ・データを永続化するためのオプション
 ・DML イベントの呼び出し
 ・DML のエラーと例外の処理

・リリース
 ・リリースとは
 ・変更セットを使用したリリース
 ・管理、未管理、ロック解除済みパッケージ
 ・パッケージ
 ・Salesforce DX
 ・Salesforce DevOps Center

・トリガの基礎
 ・自動化ロジック
 ・トリガの定義
 ・トリガのロジックの定義

・Apex クラスの基礎
 ・Apex クラスの使用例
 ・Apex クラスの定義
 ・Apex クラスのデータアクセスの決定

・保存の実行順序とApexトランザクション、プラットフォームイベント
 ・保存の実行順序の確認
 ・Apex トランザクションの使用
 ・プラットフォームイベント


開催情報

開催概要

日数 3日間
受講時間 9時30分 ~ 18時00分(昼休憩:60分)
受講料 313,500円
(税別価格285,000円)

開催日程・場所

日時 場所 状況 締切日 セッションID
4月22日(月) 〜 4月24日(水) バーチャルクラス(Salesforce社) 受付締切 3月31日(日) 04
5月13日(月) 〜 5月15日(水) バーチャルクラス(Salesforce社) 受付締切 4月21日(日) 05
6月19日(水) 〜 6月21日(金) バーチャルクラス(Salesforce社) 受付中 5月28日(火) 06
7月17日(水) 〜 7月19日(金) バーチャルクラス(Salesforce社) 受付中 6月25日(火) 07
8月5日(月) 〜 8月7日(水) バーチャルクラス(Salesforce社) 受付中 7月14日(日) 08
9月9日(月) 〜 9月11日(水) バーチャルクラス(Salesforce社) 受付中 8月18日(日) 09

重要事項

キャンセル規定

受講開始15営業日前から受講料(購入価格)の50%のキャンセル料がかかります。 また、受講開始1営業日前から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

演習環境

【重要】トレーニング環境要件
ご受講に必要なソフトウェアがございます。
トレーニング環境要件について」の資料をご覧の上、ご受講時に使用される PC に事前に設定をお願いいたします。

その他

【事前確認及び準備】
 ・本コースのご受講には、Trailblazer ID(以下、TBID)の登録が必須となります。受講開始前までに、以下のサイトをご参照の上、登録をお済ませください。詳細・登録方法についてはTrailblazer ID (TBID)についてをご確認ください。
 なお、TBIDは、お申し込み時に登録いただいたメールアドレスで作成をお願いいたします。
 既にTBIDをご登録されている方は、本コースお申込みの際に、ご登録頂いておりますTBIDのメールアドレスにてお申し込みをお願いいたします。

 ・本コースはオンライン(バーチャルクラス)での開催となります。受講環境に必要な要件、テキスト等についてはバーチャルクラスに関する FAQをご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

備考

当コースは株式会社セールスフォース・ジャパン(Salesforce社)が開催するコースです。
満席・申込期日後でもお席をご準備できる場合がありますのでお問い合わせください。
※他社提携コースは、お申し込み後に空席確認を行います。主催会社でお席の確保ができた後に受付確定となります。

※2023年9月よりコースタイトルおよび一部内容が変更となりました「旧コースタイトル:Salesforce Platform 開発者: Apex と Visualforce [前編]」


メッセージ

Salesforce Platform プラットフォーム上での宣言的開発に関する知識を学習した上で、プログラミングによる開発知識をさらに深めて学習します。 [前編]では、Salesforce Platform のアプリケーション開発言語である、Apex やデータ取得のためのクエリである SOQL や SOSL を使用した、Salesforce アプリケーションの構築・拡張について、演習を交えて解説します。本コースと「Salesforce Platform 開発者: Apexと UI カスタマイズ [後編]」コースを合わせて受講することで、重要な機能を包括的に習得することができます。学習効果を最大限に高めるためには、本コースのご受講後に [後編] を受講されることを強くお勧めします。

Salesforce Platform 開発者: Apex と UI カスタマイズ [前編]
条件を指定してコース検索


コース
検索