i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

演習で磨く見積りと交渉

  • コースコードFA040

  • 受講形態オンライン
  • 日数2日間

  • 受講時間9時30分 ~ 17時15分

  • 受講料121,000円 (税別価格110,000円)

本コースでは、ITシステム開発プロジェクト(ソフトウェア)の見積りに必要な技法、現場で使える交渉テクニックとプロセスを体系的に習得することを目的としております。
テキストで学ぶ原理・原則といった知識の習得だけでなく、実践的なケース・スタディに基づいて、受注側の見積りを踏まえた発注側との交渉のケースを演習で学びます。普段、発注側の立場にいる方にとっては、受注側から上がってくる見積りを検証するポイント(見積り根拠や算出ロジック等)を理解することができます。また、発注側と受注側の2つの立場に分かれて、交渉のロールプレイを体験することにより、実務に役立つ能力を身につけることができます。


※開催初日の15日前に開催判断を行いますので、お早めにお申し込みをお願いいたします。

  • PDU対象
  • ワークショップ

ご希望の日程に合わせた
リクエスト開催も可能


詳細情報

対象者

・発注側(ユーザー企業、事業会社、官公庁)の調達部門、組織内情シスと交渉するLOB、組織内のIT部門、などに所属する方々
・受注側(IT企業)のプロジェクト・マネジャー、プロジェクト・リーダー、技術者・SE、営業、組織内情シス、組織内のIT部門、など関連する方々

前提知識

・ITビジネスの一般知識
・ITプロジェクトの一般知識・参加経験
・ITシステム開発(ソフトウェア)の一般知識・参加経験(推奨)
・プロジェクトマネジメント経験(推奨)

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1. ITプロジェクトにおける見積りの基本的な考え方を理解することができる
2. 見積りのプロセス(手順)を理解することができる
3. 各プロセスで用いる見積技法を使えるようになる
4. 交渉のプロセスを理解することができる
5. 交渉現場において交渉テクニックが使えるようになる

研修の内容

【1日目】
1.見積りの基本的な考え方を理解する
   - 見積りの概念、見積りのプロセス
2.ソフトウェア開発の見積技法を理解する
   - トップダウン、係数モデル(FP法、COCOMO等)、ボトムアップ見積り
   <グループ演習1>:回帰分析法、標準値法、COCOMOによる規模、工数、要員、期間見積り
   <グループ演習2>:FP法による規模見積り等
3.リスク分析と見積りの関係を理解する
   - リスクモデルによる分析と対応計画、工数への予備
   <グループ演習3>:リスクモデルによる分析

【2日目】
   <グループ演習3>:リスクモデルによる分析、工数、要員、期間見積り ※1日目からの継続
4.プロジェクト計画への反映の仕方を理解する
   - スケジュールの作成、要員の平準化、コストの見積り
   <グループ演習4>:発注側と受注側に分かれて、ソフトウェア開発、ハードウェア調達費の見積り
5.交渉の基本的な考え方を理解する
   - 交渉に必要な基本スキル、交渉のスタイル、交渉者のタイプ
6.様々な交渉テクニックを理解する
   - 交渉相手と対抗するための様々な交渉戦術
7.交渉プロセスと各段階で行う内容を理解する
   - 事前の計画と交渉準備、交渉戦略・戦術シナリオの立案、実際の交渉、事後の整理
   <グループ演習5>:1回目交渉準備、1回目交渉ロールプレイ、交渉内容評価・振り返り・改善点検討
   <グループ演習6>:2回目交渉準備、2回目交渉ロールプレイ、交渉全体の評価・振り返り・今回の成果発表

資格関連情報

当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(14PDU)が取得いただけます。
(PDU対象コースのご紹介 参照)


開催情報

開催概要

日数 2日間
受講時間 9時30分 ~ 17時15分
受講料 121,000円
(税別価格110,000円)

開催日程・場所

日時 場所 状況 締切日 セッションID
3月14日(木) 〜 3月15日(金) オンラインクラス 【開催決定】受付中 3月11日(月) 01
6月11日(火) 〜 6月12日(水) オンラインクラス 受付中 6月6日(木) 02
9月5日(木) 〜 9月6日(金) オンラインクラス 受付中 9月2日(月) 03

重要事項

キャンセル規定

受講開始8日前から受講料(購入価格)の50%のキャンセル料がかかります。 また、受講開始0日前(当日キャンセル)から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

受講者メールアドレス

□受講者メールアドレスについて
・各クラスとも、電子テキストおよび受講のご案内を、受講者の方のメールアドレス宛てに送付させていただきます。
・お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレス入力が必須となります。

テキスト

□テキストについて
・各クラスとも、電子テキスト(PDF)を事前に配布いたします。
ご受講の際には、テキスト閲覧用デバイスをご用意いただくことをお薦めいたします。
・当コースは、電子テキスト(PDF)のご提供のみとなり、印刷テキストには対応しておりません。

オンラインクラス

□オンラインクラス
オンラインクラスはZoomで提供いたします。
あらかじめミーティング用Zoomクライアントが導入されたパソコンをご準備ください。
Zoomクライアントが使えない環境の場合、Zoom Webクライアントでご受講いただけます。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に) および オンラインクラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

備考

【ご注意事項】
1. 当コースは交渉のコースとなりますので、カメラON(顔出し)が前提です。交渉の場においては必須となりますのでご理解をお願いいたします。
2. 演習が中心ですので、スマートフォンやタブレットのみでの受講は不可です。必ずPCをご使用ください。
3. PCでPowerPointとExcelを使用しますので使用できるようにご準備をお願いいたします。

PMI®, PMBOK® Guide, PMP® は、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute,Inc.)の登録商標です。

□オンラインクラスご参加のお客様で、自宅やオフィス以外の場所でのオンライン受講をご希望の方には iLスクエア をご提供いたします。ぜひご活用ください。


メッセージ

プロジェクトの失敗原因として、見積りの甘さとその後の交渉力の弱さが指摘されます。当コースは、「見積り力」と共に、顧客との関係を築く「交渉力」の両方の力を強化したい方に最適な2日間コースです。これまで複雑でわかりづらかった代表的な見積技法について、わかりやすく解説します。また、契約前の発注側と受注側の交渉において、Win-Winの関係を構築し継続的なビジネスを勝ち取るための交渉手順や交渉戦略、戦術についても解説します。


お客様の声

【お客様の声】
・教材がプロジェクトマネジメントの知識を体系的に整理されていてわかりやすく、演習問題が充実していて理論の理解を深めることができました。
・質問の時間をたっぷりとっていただき、自社の課題に対してヒントを持ち帰ることができました。
・講師の豊富な経験から、一つ一つ丁寧に事例を交えてご説明を頂き有用でした。
・他社の方とグループワークで議論することにより、モチベーションも高まり、ヒントや気づきを得ることができました。
・発注側として、受注側の立場の算出ロジックや交渉の立ち位置を経験できて、とても貴重で有意義でした。

演習で磨く見積りと交渉
問い合わせる

ご希望の日程でリクエスト開催も可能

条件を指定してコース検索


コース
検索