i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

【日本OMG認定コース】BPM実践からDX展開(実践手順・組織編)

  • コースコードBPM02

  • 受講形態オンラインもしくは対面
  • 日数1日間

  • 受講時間9時30分 ~ 17時00分(昼休憩:45分)

  • 受講料66,000円 (税別価格60,000円)

業務の改善・変革はいつの時代でも最も大切なことです。それは企業の変革・成長、そして組織・個人の成長にも、更に社会の変革にも通じます。BPMはその為の最も基本的、且つ本質的な手法です。本コースではBPM実践と全社展開をそれぞれ手順を明確にしていきます。関係者全員が明確化した手順を共有しBPMを実践することは、業務の改善・変革を定着させ、組織の成長、企業文化の活性維持にも通じ、創造的文化醸成にも通じます。
上記を継続し企業文化として定着させるためには、最終的には全社的推進組織が必要となります。その推進組織のスタッフ(推進リーダ・推進メンバー)と実施事項の理解をグループ討論も交え深めていきます。


※開催初日の15日前に開催判断を行いますので、お早めにお申し込みをお願いいたします。

  • 助成金可能性有
  • ワークショップ

ご希望の日程に合わせた
リクエスト開催も可能


詳細情報

対象者

・業務改善・改革に関係する方、および BPM・DX等に関係する全ての方
 (IT技術者・NonIT関係者を問いません)
・これから自社のDXをどう進めていくかを思い悩んでいらしゃる方には最適です

前提知識

特に必要ありません

学習目標

当コースを修了した時点で、以下の項目を理解し相互関連イメージが構築されることを目標とします
1. 実践展開の全体像
2. BPM実践手順
3. 業務の可視化とPDCA
4. 全社展開手順
5. BPM推進組織と役割
6. 推進リーダと推進メンバー

研修の内容

第一部 実践展開手順編
 1.全体像俯瞰
 2.BPM実践手順
   業務の可視化
   PDCA
 3.全社展開手順
 4.組織成長と企業文化

第二部 推進組織構築
 1.推進組織の重要性と組織化
 2.人材研修と実践育成
 3.手順の定着と企業文化醸成
 4.知財蓄積活用
 5.推進リーダと推進メンバー


開催情報

開催概要

日数 1日間
受講時間 9時30分 ~ 17時00分(昼休憩:45分)
受講料 66,000円
(税別価格60,000円)

開催日程・場所

日時 場所 状況 締切日 セッションID
10月25日(金) オンラインクラス 受付中 10月22日(火) 02
1月16日(木) オンラインクラス 受付中 1月13日(月) 01

重要事項

キャンセル規定

受講開始8日前から受講料(購入価格)の50%のキャンセル料がかかります。 また、受講開始0日前(当日キャンセル)から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

受講者メールアドレス

□受講者メールアドレスについて
・各クラスとも、電子テキストおよび受講のご案内を、受講者の方のメールアドレス宛てに送付させていただきます。
・お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレス入力が必須となります。

テキスト

□テキストについて
・各クラスとも、電子テキスト(PDF)を事前に配布いたします。
ご受講の際には、テキスト閲覧用デバイスをご用意いただくことをお薦めいたします。
・当コースは、電子テキスト(PDF)のご提供のみとなり、印刷テキストには対応しておりません。

オンラインクラス

□オンラインクラス
オンラインクラスはZoomで提供いたします。
あらかじめミーティング用Zoomクライアントが導入されたパソコンをご準備ください。
Zoomクライアントが使えない環境の場合、Zoom Webクライアントでご受講いただけます。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に) および オンラインクラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

備考








□オンラインクラスご参加のお客様で、自宅やオフィス以外の場所でのオンライン受講をご希望の方には iLスクエア をご提供いたします。ぜひご活用ください。


メッセージ

◆講師からの一言
DXは漸次拡大、即ち、スモールスタートから全社展開となります。
そこで重要になるのは展開のための手順です。
手順とその考え方は、BPMでも他の場合(例えばRPA、グループウエア等々)でも同じと言えます。 DXリーダに一番必要とされる肝を理解していきましょう。
業務改善、或いはその為のITシステム開発が、中々成功していない原因は幾つか考えられます。本コースではその実践と展開手順に着目して失敗の原因を払拭します。BPM実践と全社展開の手順をそれぞれ明確にし、関係者全員が共有理解することから、理解違いからくる問題は無くなり、組織内の共感醸成効果も大きなものとなります。
このような成功循環の確立、適用範囲の拡大、組織内定着の促進の為にはこれらの業務を恒常的に推進する専門推進リーダ・組織が必要になります。本コースでそれを実感頂き、小さい実績から徐々に実績を明確なものとして、推進リーダ・推進組織構想をイメージし、実現のものとするべく本コースの受講をおすすめします。

【日本OMG認定コース】BPM実践からDX展開(実践手順・組織編)
問い合わせる

ご希望の日程でリクエスト開催も可能

条件を指定してコース検索


コース
検索