i-Learning 株式会社アイ・ラーニング
i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

(DO281)Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster +認定試験(KIOSK)

  • コースコードRHK83

  • 受講形態オンラインもしくは対面
  • 日数3日間

  • 受講時間9時30分 ~ 17時30分(昼休憩:60分)

  • 受講料291,500円 (税別価格265,000円)

このコースは、Red Hat® OpenShift® 4.12 に基づいています。
また、個人端末で受験する「(EX280)Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Administration -」が含まれています。予約方法、詳細につきましては「研修の内容」をご確認ください。

OpenShift クラスターとコンテナー化されたアプリケーションの構成、管理、トラブルシューティングを学習します。

Red Hat OpenShift Administration II: 試験 (DO281) によるプロダクション Kubernetes クラスターの運用では、Red Hat® OpenShift® Container Platformの設定、トラブルシューティング、管理の方法を学びます。この実践的なラボベースのコースでは、クラスターが正常にインストールされたことを確認し、日常的に管理し、コンテナー化されたアプリケーションの展開のトラブルシューティングを行う方法を説明します。このコースは、マルチテナントとセキュリティの構成に焦点を当てています。 OpenShift の機能だけでなく、オペレーターに基づいた OpenShift アドオンの管理も可能です。Red Hat Certified OpenShift Administrator 試験は、このオファリングに含まれています。

このコースで学習するスキルは、Red Hat OpenShift on AWS (ROSA)、Azure Red Hat OpenShift、OpenShift Container Platform など、OpenShift のすべてのバージョンを使用して適用できます。


※他社提携コースは、お申し込み後に空席確認を行います。お席を確保できない状況の場合はご連絡させていただきます。

なお、「残席数」はリアルタイムに反映されていない場合がございます。また、残席数表示に関わらず申込可能な場合がございますので、正確な「残席数」については、お問い合わせください。

  • 助成金可能性有
  • 機械演習
  • 資格取得
  • 他社提携

詳細情報

対象者

・OpenShift クラスター、アプリケーション、ユーザー、アドオンの継続的な管理に関心のあるシステム管理者およびプラットフォーム オペレーター
・Kubernetes クラスターの継続的なメンテナンスとトラブルシューティングに関心のあるサイト信頼性エンジニア
・OpenShift クラスターのセキュリティを理解することに関心のあるシステムおよびソフトウェア アーキテクト

前提知識

Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes (DO180 v4.12)、または OpenShift Web コンソールとコマンドラインインターフェイスを使用して Kubernetes アプリケーションをデプロイおよび管理する同等のスキル

学習目標

・マニフェスト、テンプレート、kusTOMize、helm を使用してパッケージ化されたアプリケーションをデプロイする。
・ユーザーとアプリケーションの認証と認可を構成する。
・ネットワーク ポリシーでネットワーク トラフィックを保護し、適切なネットワーク アクセスでアプリケーションを公開する。
・リソース マニフェストを使用したアプリケーションのデプロイと管理ができる。
・アプリケーション プロジェクトの開発者のセルフサービスを可能にする。
・OpenShift クラスターの更新と Kubernetes オペレーターの更新を管理する。

研修の内容

■宣言的なリソース管理
 さまざまなターゲット環境用にパラメータ化されたリソース マニフェストからアプリケーションをデプロイおよび更新します。
■パッケージ化されたアプリケーションの展開
 共有および配布用にパッケージ化されたリソース マニフェストからアプリケーションを展開および更新します。
■認証と認可
 HTPasswd ID プロバイダーによる認証を構成し、ユーザーとグループにロールを割り当てます。
■ネットワークセキュリティー
 クラスター内外のアプリケーション間のネットワーク トラフィックを保護します。
■非HTTP/SNIアプリケーションを公開する
 Ingress コントローラーを使用せずにアプリケーションを外部アクセスに公開します。
■開発者のセルフサービスを有効にする
 複数のチームの開発者による安全なセルフサービス用にクラスターを構成し、運用スタッフがプロジェクトをプロビジョニングする必要がある場合はセルフサービスを禁止します。
■Kubernetes オペレーターの管理
 Operator Lifecycle Manager および Cluster Version Operator によって管理される Operator をインストールおよび更新します。
■アプリケーションのセキュリティ
 ホスト オペレーティング システムまたは Kubernetes からの昇格された特権または特別な特権を必要とするアプリケーションを実行します。
■OpenShift のアップデート
 OpenShift クラスターを更新し、デプロイされたアプリケーションの中断を最小限に抑えます。


(試験は、後日ご自身で日時・場所を予約する必要があります。下記をご確認ください)

◆試験日時の予約方法◆
・Red Hatから届いた受験権利のご案内メールに、試験予約のご案内が入っています。案内に従って、お客様ご自身で
 場所と日時を選択し、空いている枠で試験を予約します。
 なお、試験予約された日付を弊社にご連絡いただく必要はございません。
・試験開始24時間を切った時間枠は予約ができません。
・受験開始24時間前までは、受験日時の変更が可能です。
・土日および祝祭日の試験設定はありません。

・Red Hat 個人用試験(KIOSK)についてのご案内は こちら をご確認ください。
・以下Red Hat の認定試験についてのポリシーもご確認ください。

Red Hat 個人用試験について
https://www.redhat.com/ja/red-hat-%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/red-hat-training-policies#exams/

Red Hat 認定試験の利用条件
https://www.redhat.com/ja/red-hat-%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/red-hat-training-policies#terms/

◆稼動環境◆
ご利用中のシステムが Red Hat オンラインラーニング・システムおよびバーチャルトレーニング・システム、およびその他の学習方法に対応しているかどうかをご確認いただけます。
(https://www.redhat.com/rhtapps/services/compatibility)

資格関連情報

EX280(EX280)Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Administration -


開催情報

開催概要

日数 3日間
受講時間 9時30分 ~ 17時30分(昼休憩:60分)
受講料 291,500円
(税別価格265,000円)

重要事項

キャンセル規定

受講開始18日前から受講料(購入価格)の100%のキャンセル料がかかります。

その他

【重要】
当コースはRedHat直営クラスへのご案内となります。
Red Hat コースのキャンセル規定にご注意ください。Red Hat コースのキャンセルは、クラス開始日の18日前から受講料金全額のキャンセル料が発生します。

お客様がRedHatコースを受講される際には、以下の手順でお客様自身による作業が必要です。

1.当コースに申し込む
2.「Red Hatアカウント」を取得してセッション詳細の申込フォームに入力する

実際に受講するためには、当コースお申し込み後、最低でも約1週間ほどはリードタイムが必要となりますので、余裕を持ったお申し込みをお願いします。
以下、手順に従って留意点をご案内します。



1.当コースに申し込む
 当コースお申し込みの際に、いくつかの留意点がありますのでご承知おきください。
 コース開始日の18日前までにお申し込みをお願いします。

2.「Red Hatアカウント」を、受講登録後、受講登録期限までに、セッション詳細の申込フォームに入力をお願いいたします。

■Red Hatアカウント作成方法
Red Hat のログイン ID を作成するにはどうすればよいですか?
 なお、すでにお持ちの方は新規で取得いただく必要はありません。

※お客様より申込フォームに入力をいただいた後、弊社からRed Hatに注文を行います。
※Red Hatが注文を受理した後、Red Hatより、お客様にご案内メールをお送りします。


メッセージ

このコースは、アドオンの有効化など、オンプレミス、クラウドベース、ベンダー管理のクラスターの日常業務で OpenShift クラスター管理者が実行することが期待される一連のタスクを実行できるようになります。オペレーター。学生は、さまざまな役割のマルチテナント権限を管理したり、クラスターやホストのリソースへの特権アクセスを必要とするアプリケーションを構成したりすることもできます。

関連講座

(DO281)Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster +認定試験(KIOSK)
条件を指定してコース検索


コース
検索