i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



ITスキル標準対応研修

IT人材の主な職務
IT人材の職務として「ITスキル標準」では、マーケティング、セールス、コンサルタント、ITアーキテクト、プロジェクトマネジメント、ITスペシャリスト、アプリケーションスペシャリスト、ソフトウェアデベロップメント、カスタマーサービス、オペレーション、エデュケーションが公開されています。

職種(プロフェッション)とその役割と業務概要(職務)

マーケティング
市場や顧客ニーズに対応するために、企業、事業、製品及びソリューション・サービス市場の動向を予測かつ分析し、マーケティング戦略を企画及び立案することに責任をもつ。市場を洞察し、顧客ニーズと自社製品、サービスを結びつけるための戦略、目標と実行計画の策定を行う。製品またはソリューション・サービスの最適化経路戦略の策定や自社の知名度を高め、提供する製品またはソリューション・サービスの需要を喚起するためのプロモーション戦略を立案し実行する。

セールス
お客様のビジネスの機会を発掘し、自社のもつ最適ソリューションを提案しセリングすることに責任を持つ。担当分野のマーケティングおよびテクニカル両面の専門技術をもって販売機会を成約に結びつける。営業活動を通じてビジネス成約とお客様満足度を両立させることが求められる。また、担当分野において自社の目標達成に直接的に貢献する。

プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメントは、スコープ・マネジメント、タイム・マネジメント、コスト・マネジメント、品質マネジメント、リスク・マネジメント、要員マネジメント、調達マネジメント、コミュニケーション・マネジメントや変更管理などの知識体系と、立上げ、計画、実行、監視コントロール、終結などのプロセスから成り立つ。
お客様の情報システム構築のプロジェクトマネジメントに責任を持ち、専門知識を活用しプロジェクトの計画および運営だけでなく、プロジェクトを成功裏に完了し、ビジネスに貢献する役割も有する。

アプリケーションスペシャリスト
情報システム開発プロジェクトにおいて、システム化実行計画に基づいてソフトウェアを開発する業務を行う。システム開発担当者として、計画から移行までの作業をプロジェクト・リーダーの下に実施する。

ITスペシャリスト
特定の技術分野についての深い技術と知識および実務経験を有し、開発・運用業務への支援を行う。テクノロジーの特化分野ごとに有料サービス、販売時の技術支援などを提供する。
システム開発、リーダーまたはメンバーとしてのプロジェクト参加、技術の計画や導入などの経験が求められ、問題解決、コミュニケーション、チームワーク、リーダーシップ、専門的技術、プラットフォームや製品、導入、業界動向などに関するスキルが求められる。