i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

【ベーシック】ヒューマンエラー対策研修基礎コース

コースコード ANAH1
受講料 47,300円
(税別価格43,000円)
期間 1日
受講時間 10時00分 ~ 17時00分 (昼休憩60分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

ヒューマンエラーによる事故が発生したとき、「当事者の責任か。組織の責任か」と真っ先に論じるようでは、残念ながら事故や不具合をなくすことはできません。なぜ、間違いは起きるのか―。人間特性の理解が、ヒューマンエラー対策の第一歩です。そして、ヒューマンエラーの背後にある「誰でも共通に陥るであろう要因」を探り出して、対策を講じていくことが重要です。ANAや航空業界の事例をベースに、明日の業務にすぐに活用できる「ヒューマンエラー対策」を学びます。

特色とメリット

  • ■ 「人が起こすエラー」に、年齢や経験は関係ありません。どのような業種業態であっても、若年層から経営層まで、原因は共通しています。
    そのため、航空業界やANAが実施しているヒューマンエラー対策は、たとえ皆様の業種業態が異なっていても、明日からの仕事に活かせるポイントが多数あります。
  • ■ 散発的であやふやになりがちなヒューマンエラー対策の基礎知識を、体系立てて具体的に学ぶことができます。
  • ■ 「エラーは人間の脳の情報処理過程で発生する」ことを学び、ヒューマンエラーをゼロにすることはできないことを理解します。
  • ■ 事故や不具合の要因は、個人の問題だけでなく組織など周囲を取り巻く環境にもあることを理解します。(SHELモデル)
  • ■ ケーススタディでの学習では、事故や不具合は複数のヒューマンエラー等が連鎖して発生すること、また、どこかでこのエラーチェーンを切ることで事故や不具合を防止できることを理解します。
  • ■ クイズや演習を含む座学、事例を用いた実習(ケーススタディ)時はグループワークを行います。
    ヒューマンエラー対策すべての土台となる“大切にしたい考え方”、“効果的なヒューマンエラーの防止方法”を学び、ケーススタディのワークで振り返りを行います。


<担当講師について>
整備部門出身の講師が、安全文化醸成のための知識と経験を駆使して、安全への確かな視点とスキルをもった人財の育成をサポートします。

講師陣は全員整備部門出身者で、自らがヒューマンエラーに関する実務を体験し、見聞きしているからこそ、実際に起きた事例や経験した事例をより正確かつ真剣に説明することができます。だから航空業界の事例であっても分かりやすく、受講者の皆様は自分の職場や事象に置き換えて考えることができるのです。

ANAH1研修

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.エラーは人間の脳の情報処理過程で発生することを学び、ヒューマンエラーをゼロにすることはできないことを理解
 する。
2.ヒューマンエラー対策の基本的考え方を理解したうえで、効果的なヒューマンエラーの防止方法を習得する。
3.事故や不具合のヒューマンエラーの要因は、個人の問題だけでなく組織など周囲を取り巻く環境(SHELモデル)にも
 あることを理解する。
4.ケーススタディにてヒューマンエラーを抽出し、事故や不具合はいくつかのヒューマンエラーが連鎖して発生するこ
 ととどこかでエラーチェーンを切る事によって防止出来ることを習得する。

対象者

・新入社員、中堅社員、管理監督職、安全品質担当者、経営層まで。
・事故再発防止を考えるすべての方の基礎知識として

前提条件

特になし

内容

基礎コース基本プログラム(抜粋)
 1.人はなぜエラーを起こすのか
  ヒューマンエラー対策に、なぜ人間特性が大切なのかを学んだうえで、クイズや演習を通じて「人間はエラー
  を起こす生き物である」ことを実感することで、ヒューマンエラー対策の新しい一歩を踏み出します。

 2.ヒューマンエラー対策の概念
  ヒューマンエラー対策に欠かせない基本的な考え方をお伝えします。
  ・事故はヒューマンエラーや不具合事象の連鎖によって発生する(エラーチェーン)
  ・自分自身は周囲のファクターに常に影響を受けて、情報をやり取りしながら仕事をしている(SHELモデル)など

 3.ヒューマンエラー防止法
  ヒューマンエラーの背後にある「誰でも共通に陥るだろう要因」の対策を、2種類のアプローチでお伝えします。

 4.ケーススタディ
  個人ワークとグループワークでエラーチェーンを作成し、基礎コースの振り返りを行います。


補足

・実施時間は諸事情により開講時間を変更する場合がございます。
・4名に満たない場合は、開講できない場合があります。予めご了承ください。
・当コースは、ANAビジネスソリューション直営クラスへのご案内となります。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
35 2020年11月09日~2020年11月09日 品川高輪口(ANAビジネスソリューション) 申し込み受付締切
36 2020年11月12日~2020年11月12日 大阪梅田(ANAビジネスソリューション) 申し込み受付締切
37 2020年11月19日~2020年11月19日 品川高輪口(ANAビジネスソリューション) 受付中
38 2020年11月27日~2020年11月27日 品川高輪口(ANAビジネスソリューション) 受付中
39 2020年12月02日~2020年12月02日 品川高輪口(ANAビジネスソリューション) 受付中
40 2020年12月10日~2020年12月10日 品川高輪口(ANAビジネスソリューション) 受付中
41 2020年12月18日~2020年12月18日 品川高輪口(ANAビジネスソリューション) 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始11営業日前から受講料の50%のキャンセル料がかかります。
また、受講開始3営業日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。