i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

触れて学ぶクラウドセキュリティの基本

コースコード CD090
受講料 132,000円
(税別価格120,000円)
期間 2日
受講時間 9時30分 ~ 17時30分 (昼休憩60分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

多くの企業がクラウドへの移行を始めています。しかしクラウドは従来のデータセンターへのアウトソーシングやASPサービス(アプリケーションサービスプロバイダーが提供するサービス)には存在しないセキュリティの脅威があり企業に新たなリスクをもたらします。
本ワークショップはハンズオンのラボを通して、クラウド上のセキュリティのリスク(脅威、脆弱性、露出、エクスプロイト)を学びます。このコースは、クラウドで起きている実際の攻撃や、CSA(クラウドセキュリティアライアンス)、NIST(米国立標準技術研究所)、ISO(国際標準化機構)などのガイダンスを基に推奨される対応策も学びます。

特色とメリット

【講師からのひと言】
この3年ほどクラウドセキュリティのワークショップやコンサルティングを主ににアメリカで行ってきていますが、大企業のクラウドへの移行のスピードは目を見張るものがあります。 それに加えて、アジャイル開発やDevOpsもクラウドでの新システムの展開を早めています。 しかしセキュリティがあまり考えられないで進んでいるケースが多々見られて、クラウドでのセキュリティの課題の増えています。
自社又はお客様の環境でクラウドの活用を考えているならば、是非このワークショップを通して、クラウドを安全に使っていただきたいです。

学習目標

情報セキュリティとクラウドセキュリティの基本を学び、クラウドの活用に活かし、安全なクラウドの利用を 行う知識を養う。

対象者

クラウドへの移行または活用に関わる方々

前提条件

ITの経験又は知識のある方

内容

本ワークショップは、AWS(アマゾンウェブサービス)を利用してクラウドコンピューティングを安全に活用する知識をハンズオン演習を通して身に着けていきます。
ワークショップでは、最初に情報セキュリティの基本を学び、次にクラウドコンピューティングを理解し、その知識を加えてクラウドコンピューティング上でのセキュリティを学びます。各重要なポイントはハンズオンでの実習を行います。
このワークショップの内容はCSAのCCSK認定やISC2のCCSP認定の内容も一部含まれますので、認定取得の支援にもなります。

※ワークショップで体験する内容は次の通りです。

情報セキュリティの基礎
クラウドコンピューティングの定義と従来のインフラとの違い
クラウドコンピューティングにおいてのセキュリティの脅威、脆弱性とリスク
クラウドコンピューティング上で推奨されるセキュリティ対策

補足

【重要】キャンセル規定
当コースはエディフィストラーニング株式会社(八重洲会場)直営クラスへのご案内となります。
受講開始14営業日前から受講料の50%、受講開始7営業日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
02 2019年12月18日~2019年12月19日 八重洲 満席
03 2020年03月04日~2020年03月05日 八重洲 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始14営業日前から受講料の50%のキャンセル料がかかります。
また、受講開始7営業日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。