i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

  • トップページ
  • コラム道
  • これだけはおさえておきたい機械学習の基礎〜自社のデータをビジネス価値のある情報にするためのデータ分析手法〜


これだけはおさえておきたい機械学習の基礎
〜自社のデータをビジネス価値のある情報にするためのデータ分析手法〜


今後さらに急速に拡大する「AI市場」

2017年に企業による実証実験から実システムへの適用、およびソフトウェアへのAI機能の組み込みが進んだAI市場は、2018年以降、金融などでのリスク検出/分析、サービス業などでの自動顧客サービスへのAI適用へと、更に急速に市場を拡大し続けています。
今後もその勢いは衰えず、IDCでは2017年〜2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は60.7%で成長し、2022年には2,947億5,400万円の規模になると予測しています。

  • 2017年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、274億7,600万円(ユーザー支出額ベース)。ソフトウェア/サービスの成長が著しい
  • 2018年以降はリスク検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2017年〜2022年の年間平均成長率は60.7%、2022年の市場規模は2,947億5,400万円と予測
  • ベンダー/システムインテグレーターは、アプリケーションソフトウェアへのAIの組み込み、AIシステムの運用支援サービスの強化などが必要
  • 【引用】 IDC Japan株式会社 - プレスリリース「国内コグニティブ/AIシステム市場予測を発表」(2018/5/14)

AIや人工知能のサービスに利用されている機械学習の課題とは

日々、新たなサービスが登場し、日常で触れる機会が多くなったAIですが、その背景には各クラウド・ベンダーが提供する豊富なAIツールやサービスの存在があります。企業は、こうしたクラウドサービスを利用することで、データさえあればAIシステムを1から開発することなく、スピーディーに構築することが可能になるのです。その一方で、AIの仕組みやアルゴリズムを正しく理解して自社の業務に最適なモデルやAIツールを選定して使いこなすだけのスキルを備えた人財はまだまだ不足しており、その育成が急務の課題となっています。

機械学習を業務に活かすためのポイント

香田万希子 (株式会社アイ・ラーニング バリュークリエイション部 ラーニング・アドバイザー)
ソフトウェア会社のSEとして、Webアプリケーションを中心とした多数のシステム開発に従事。設計、実装、試験、保守と一連の開発プロセスを経験後、2017年よりアイ・ラーニングの研修インストラクターとしてプログラム言語やAI・機械学習の研修を担当。これまでの経験を活かしつつ、日々進化するAI技術やデータ分析スキルの習得に励んでいる。