i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



アジャイルPMへのトランスフォーメーション



★ とあるプロジェクトマネジャーの独り言...

以前は、大きなプロジェクトはウォーターフォールだったから、ずっとウォーターフォールでプロジェクトを運営してきた。
けれど、近頃はどこへいっても「アジャイル」流行り。もうウォーターフォールだけじゃ通用しないのか。
そうは言っても、アジャイルのプロジェクトなんて今までやったこともないし...

こんにちは。PM研修グループリーダーの森です。
お客様先でお話を伺うと、こんなことをおっしゃる方が結構多くいらっしゃいます。
みなさんも、プロジェクトを進めようとすると「今はアジャイルだよね」といったご要望を受けることも多くありませんか?

...アジャイルって、よく聞くけども進め方自体はよくわからない、自分にはできないかも...
そんな風に思ったアナタ!そうおっしゃらずに、少し考えてみてください。

そもそも、プロジェクトの定義や考え方そのものが変わったわけではありません。お客様のご要望を踏まえて、お客様やチームメンバーが満足するようにプロジェクトを進め、成功裡に収めるのがPMの役割です。それはウォーターフォールでもアジャイルでも同じです。
あなたのPMとしてのスキルやこれまでの経験は、アジャイルプロジェクトで更に活かすこともできるのです。


アジャイル開発が求められている

従来のような基幹システム構築プロジェクトなど、大規模な案件をマネジメントするにあたっては、ウォーターフォール型のプロジェクトマネジメントは効果を発揮してきました。そのため、多くのプロジェクトマネジャーは、ウォーターフォール型のプロジェクトマネジメント手法を学び、適用してきました。
しかし、昨今の目まぐるしく変化する市場やニーズに柔軟に対応していく必要のあるビジネス環境では、大規模で仕様がキッチリ固まっているシステムが求められることは多くありません。変化に合わせた新しい機能を短期間で継続的にリリースしていくアプローチである、アジャイル開発が注目されているのです。

そんな中、従来型のウォーターフォールでの開発経験が豊富なベテランのプロジェクトマネジャーの方々をみていると、なかなかアジャイルの世界に馴染めないような状況にあると感じています。
そこで、アジャイルの基礎を理解し、メンバーや組織のあるべき姿を踏まえてプロジェクトチームの力をアップさせお客様にご満足いただく、そんなアジャイルプロジェクトの進め方を習得いただくためのコースをご用意しました。
ゼロから新しいことを学ぶわけではなく、これまでのプロジェクト経験が考え方に活かせる、そんなコースです。


アジャイルPMへのトランスフォーメーション

このコースは、これからアジャイル型プロジェクトに取り組もうとされるPMの方に向けたものです。
ウォーターフォールからアジャイルへのトランスフォーメーションの勘所をおさえたもので、

  • アジャイルの基礎を理解し、アジャイルトランスフォーメーションへと向かうためのコース(0.5日)
  • 開発事例に基づいたウォーターフォールからアジャイルまでのシームレスなプロジェクトプランニングを体験するコース(1.5日)
の構成で体系的に学ぶことができます。

アジャイルPMへのトランスフォーメーション
コード コースタイトル PDU 日数 提供形態
PM800 NEW !ウォーターフォールPMのためのアジャイル ~トランスフォーメーションへの挑戦 4PDU 0.5日
PM801 NEW !ウォーターフォールPMのためのアジャイル ~トランスフォーメーション実践演習 11PDU 1.5日

[ PM800 ] トランスフォーメーションへの挑戦

ウォーターフォール型プロジェクトのPM経験はあるものの、アジャイル型プロジェクトについては経験がないという方に向けたものです。
「アジャイルとは何か」から始まる概要と考え方、アジャイルプロジェクトの基礎を学び、みなさんがこれからアジャイル開発へのトランスフォーメーションを進めていこうと思っていただける内容です。半日で、アジャイルの基礎をキッチリ理解しましょう。

[ PM801 ] トランスフォーメーション実践演習

基礎に続き、数名のチームに分かれて、モデリングツールを使ってウォーターフォールからアジャイルまでのシームレスなプロジェクトプランニングを体験いただくものです。
図書館システムの開発を課題に、ウォーターフォール型プロジェクトによる初期開発、アジャイル型プロジェクトによる追加開発を想定し、WBS、ガントチャートを作成し、組織ごとのコスト割合、成果物達成予測などを通して、ウォーターフォールとアジャイルの違いやポイントを実践的に理解します。

【 コース演習例 】


いかがでしょう。アジャイル開発に興味を持っていただけましたでしょうか。
あなたのこれまでの経験は、必ずアジャイルプロジェクトのマネジメントに役立たせることができます。

さぁ!アナタもこれからアジャイルの世界に飛び込んでみましょう!

お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 弊社休業日を除く 9:00~17:00