i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



IBM i のプログラミング基礎 2コースが
新しくなりました

IBM i のプログラミング基礎2コースが新しくなりました

「IBM iプログラミング入門」と「IBM iデータベース演習」リニューアルして登場!

IBM i のプログラミングに必須の知識である、「System iプログラマーのための基本操作」と「System iデータベース演習DDS編」の2つのコースがリニューアルしました!


【 AS528:IBM iプログラミング入門 】

より理解しやすい内容に生まれ変わりました!

これまではIBM i でプログラム開発を行なうための環境設定方法、5250画面で操作するSEUやPDMの使い方がメインのコースでしたが、プログラミングをまったく行なったことのない方にはこれだけでは不十分です。プログラムを作成するための基本的な論理を身につけておくことも肝要です。


こんな方にぴったりのコースです。

IBM i でこれからプログラミングを行なう方、すべての方におすすめのコースです。開発に必要なツール類を知っていただくことも重要ですが、プログラミングにはどんな言語でもプログラムのアルゴリズムを作り出す考え方が必要です。具体的には簡単なフローチャートを作成できることを目標としますが、そのフローチャートをCLプログラムでプログラム化します。プログラミング経験をお持ちの方でも、CLプログラミングの基礎をしっかりとご理解いただけます。



【 AS506:IBM iデータベース演習 】

より内容を充実して生まれ変わりました!

IBM i はRDBをOSに標準搭載したサーバーです。IBM i でプログラミングを行なう、運用管理する、どのような場合でもデータベースは必須の知識です。これまでは、DDS(データ記述仕様書)にコーディングして作成する、AS/400時代からのデータベース作成方法をお話しておりましたが、やはりこれからのデータベース運用にSQLは必須です。DDSでの作成方法、SQLの操作方法、一挙に習得しましょう!


こんな方はいらっしゃいませんか?

DDSを使ったデータベース運用はAS/400時代から引き継がれた方法ですが、プログラムを書くようにデータベースを作成できるので、RPGプログラマーやCOBOLプログラマーにとっても、違和感無くデータベース構築ができます。一方で、SQLを使用したデータベース運用はどこのプラットフォームでも行なっている業界標準の方法です。Java、PHPのプログラムでは必須の知識ですし、RPGやCOBOLのプログラムからもSQLでデータベースアクセスが可能です。従来のDDSによるコーディングとSQLの両方をマスターできれば、怖いもの無しです!




お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00


お問い合わせフォーム