i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



人財育成のプラットフォーム iCD



  1.   iCD とは
  2.   教育研修パートナー認定
  3.   iCDタスクとアイ・ラーニング研修コースの連携
  4.   iCDアドバイザー

iCD とは

人財育成のプラットフォームiCD

iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)は、IPAから提供される「業務の見える化」「必要な人財の明確化」のための辞書です。
企業においてITを利活用するビジネスに求められる業務と、それを支えるIT人財の能力を「ディクショナリ(辞書)」として広範囲に網羅しています。自社の業務を見える化し、必要な人材を明確にし、経営戦略や事業計画に沿った企業成長の推進に役立ちます。

iCDポータルサイトはこちら

3スキル標準を土台にタスクの視点を取り入れたiCD

iCDは、ITスキル標準(ITSS)、組込みスキル標準(ETSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)の3スキル標準を参照しています。

  • ITSS:各種IT関連サービスの提供に必要な能力を明確化・体系化した指標
  • ETSS:組込みソフトウェア開発に関する最適な人材育成、人材の有効活用を実現するための指標
  • UISS:情報システムの企画・開発から保守・運用・廃棄に至るソフトウェアライフサイクルプロセスに基づき体系化した指標
それぞれの指標の範囲拡大・共通化を図り、タスクを中心とした仕組みを取り入れることで、iCDが成り立っています。

3スキル標準とiCD

iCDポータルサイト (http://portal.icda.or.jp/icd/icd/skill-standard) より転載

教育研修パートナー認定

アイ・ラーニングは一般社団法人iCD協会の「教育研修パートナー認証」を取得しています。
教育研修パートナー認証とは、教育教材や教育サービスを提供する団体・企業を一般社団法人iCD協会が認定し、さらなるiCDの普及を促進するための制度です。
アイ・ラーニングは研修サービスを通して、iCDのタスクやスキルレベル向上のご支援をさせていただきます。

教育研修パートナー認証について (iCDポータルサイト)

また、アイ・ラーニングは一般社団法人iCD協会の「iCD活用企業シルバー認証」企業でもあります。
シルバー認証とは、iCDの活用が認められた企業を認証するものです。

iCD活用についての各社の取り組みについて (iCDポータルサイト)

iCDタスクとアイ・ラーニング研修コースの連携

iCDタスクとアイ・ラーニング研修コースの連携情報はこちらからダウンロードできます。

iCDタスクとアイ・ラーニングの研修コースの関連ファイル ※ 2019年12月24日版(一部ファイルの不具合を修正しました)

連携情報は研修コースのリニューアルに合わせて更新します(おおよそ半期ごと)。
それ以外にも最新情報に合わせて更新することがあります。ご利用の際には最新情報をご確認いただけますようお願いいたします。

iCDアドバイザー

iCDアドバイザーとは『個社がiCDを活用した組織・人材開発の仕組みを導入し、これを運用する活動』に対して助言・支援を通じた実施品質の確保に必要な『専門知識・経験』を保有する者を一般社団法人iCD協会が認定する制度です。
アイ・ラーニングには「iCDアドバイザー認証」取得者が5名在籍しています。
これらiCDアドバイザーが中心となり、貴社のiCDを活用した組織・人材開発の仕組みづくりをご支援します。

お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00


お問い合わせフォーム