ニューノーマルの時代!今こそチームを強くする : i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



ニューノーマルの時代!今こそチームを強くする


「働き方改革」「ワークライフバランス」などの掛け声に加え、2020年の東京オリンピック開催決定を機に時差出勤や在宅勤務などを実施する企業がかなり増えました。それに加えてコロナウイルス禍により、さらにテレワークなどの働き方の導入が加速しています。
それにより、これまでの仕事の進め方が大きく変わったという方も多くいらっしゃることでしょう。テレワークという慣れない環境の中、仕事の進め方がうまくいかなかったり、チームメンバーとのコミュニケーションがうまくいかなかったり、という戸惑いを覚える方も多いと耳にします。
こんな時、どのようにすればチームでうまく働けるのでしょうか。

   新しい働き方に対応した新しい管理職のあり方
   チーム力向上のための心の栄養とパフォーマンスとは
   信頼関係の高いチームになろう

新しい働き方に対応した新しい管理職のあり方

管理者やリーダーの立場に立ってみましょう。
テレワークでは、働き方に関して、いくつかの課題や問題点が指摘されています。


労務管理はどうする?

適切に労働時間管理を行わなければならないことは誰もが承知していることですが、現実的には難しい課題です。例えば、PCの使用時間から始業・終業時刻を記録するなど、客観的に管理する方法などもいわれますが、実際に導入できる仕組みであるかは大きな問題です。


情報セキュリティーをどう考える?

自宅等から社内システムにつなげなければならない場合、あるいは喫茶店や公共の場所など不特定多数の部外者と一緒になるところで仕事をする場合などでは、情報漏えいやサイバー攻撃など、さまざまなリスクを抱えることになります。


導入できない業務や職種もあり不公平感が生まれることがある

業務によっては、テレワーク/在宅勤務などができないケースもあります。そのような場合に、例えば通勤に負担の少ないテレワークを自分と比較して「羨ましい」といった感情でみてしまうこともあります。


こうしたとき、管理者リーダーはチームをリードしていくためにどのような心構えでいればいいのでしょう。

そんな管理職/リーダーの方にオススメ!

最も重要なことは、コロナ以前の「ニューノーマル」だけでなく、コロナ以降の「新たなニューノーマル」を理解し、それを受け入れ、自己を変革することです。
オンラインコース「ポストコロナに求められる新任管理者 / リーダーとは」は、リーダーとしての意識変革を短時間で理解し、リーダーとして自身は今後どうあるべきなのかを考えていただくきっかけ作りにしていただけるコースです。

管理職としての新しい心構えを
コード コースタイトル 日数 提供形態
GA941 ポストコロナに求められる新任管理者 / リーダーとは NEW ! 0.5日

チーム力向上のための心の栄養とパフォーマンスとは

チーム力向上を目指してチームの土台を築くためには、心の健康つまり心に栄養が行き届いていることが不可欠になります。
心の栄養(ストローク)とは、自分や相手への働きかけの中で、与えたり受け取ったりする言語・非言語や感情そのものです。それは、自分や相手の気持ちや行動に非常に大きな影響を与えます。


心の健康を保つために必要な栄養を

メンバー間のコミュニケーションが限られ「一緒に働く人の姿が見えないことによる不安」を感じるという声があります。心の栄養が不足している状態では、不安感や仕事のパフォーマンス低下、人間関係にも大きな影響を与えます。


モチベーションが高まるように

心の栄養「ストローク」はメンバーのやる気の向上に大変よい効果があり、さらにメンバーのメンタルヘルスやエンゲージメントにも良い影響を与えます。心の栄養をお互いに得られる、働きやすい環境が求められます。

では、メンバーやリーダーはどのようにして心の栄養を得られるための行動や 環境を築いていけば良いのでしょう。

チーム全員のパフォーマンスを向上するためにオススメ!

最も重要なことは、自身のストロークの癖を知り、良いストローク交換の循環を起 こすことです。
TA(交流分析)をベースにした「心の栄養」コースでは、心の健康に 必要なストロークとは何かを知り、他者と自身のストロークの授受の違いや自身のストロークの授受の癖を把握します。また、テレワーク中にストロークを得るための行動も考えていきます。

心の栄養のために
コード コースタイトル 日数 提供形態
GA027 テレワークでもがんばるための「心の栄養」(TA) NEW ! 0.5日

信頼関係の高いチームになろう

チームのそれぞれのメンバーの視点から考えてみましょう。
メンバーとしてできること、メンバーとして考えるべきことにはどんなものがあるでしょうか。もしかしたらあなたの考え方や行動次第で、チームがガラッと変わってしまう、そんなことも起こせるかもしれません。


コミュニケーションの量と質の向上を図ろう

相手と連絡を取りたい時には、相手が離席しているかどうかわからずに躊躇することがあります。オンラインで対面して話す時でさえも、心理的な距離を感じてしまい、要件だけを話して終わってしまうなど、コミュニケーションが淡泊になりがちだと言われています。


心理的安全性の高いチームに

直接のコミュニケーションが減り、一人でいる時間が増えてくるコロナ渦の環境下では、メンバーの不安が高まる傾向があります。
しかし、そんな中でもコミュニケーションの取り方次第で、メンバーとの信頼関係を高め、「心理的安全性」の高いチーム作りができるのです。

そんなチームの皆さんにオススメ!

最も重要なことは、真摯に相手の話を聞く「傾聴」です。意外にも、真に人の話を聞くことが得意な方は多くありません。相手との信頼感を高め、心理的安全を感じてもらう聴き方には、押さえるべきコツやポイントが存在します。
オンラインコース『テレワークでも信頼関係を築く「傾聴力」』は、テレワークで「傾聴」を実行するために必要な心構えやすぐに実践できる傾聴のコツやポイントを、実際に演習を交えながら体得できるコースです。

チームの信頼関係を高めるために
コード コースタイトル 日数 提供形態
GA321 テレワークでも信頼関係を築く「傾聴力」 NEW ! 0.5日

お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 弊社休業日を除く 9:00~17:00