i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

  • トップページ
  • 無料セミナー「データドリブンな経営を目指す!」


無料セミナー:データドリブンな経営を目指す!

無料セミナー「データドリブンな経営を目指す!」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■  本セミナーの受付は終了いたしました  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

データドリブン経営の現実とその実現に向けて

データドリブン経営とは、「データ」と「アルゴリズム」に基づいた客観性の高い意思決定を経営の世界で行うことです。
その対立概念となるのは、KKD(=勘と経験と度胸)経営です。KKD経営における「経験」と「勘」が、データドリブン経営における「データ」と「アルゴリズム」にそれぞれ該当します。

現在、データドリブン経営を目指す企業は大きく2つのルートで変革を行っているといわれますが、どちらにも必ず失敗する罠が仕掛けられています。

この轍をふまないよう、データドリブン経営への一番の近道である理想のルートの描き方と、たどり着くために重要な要素となるデータサイエンティスト育成について解説します。
またご参加の皆さまとともに現状の問題点、その解決方法について議論したいと考えています。


★ Point
  • 大多数の経営者がデータ活用が重要であると認識しています
  • 一方で、「実際に経営にデータを活用できているか」という質問に「はい」と回答する経営層は1割にも満たないのが実態です
 貴社ではいかがでしょうか?

データドリブン経営の例

  • フリマアプリで有名なメルカリ社は、「Business Intelligence」というデータ分析に特化したチームをつくり、プロダクトや経営の現状を数字であらわし、分析結果から具体的な打ち手や施策の決めています。
    「お客さまに喜ばれるサービスを提供する=サービスとして成長する」をモットーに、「現状を把握するための分析」「事業戦略に必要な分析」「ゴールを達成するための施策やアクションに関する分析」の3本柱で分析を行っています。データに基づくスピード感のある経営判断を行うことにより、 3年で8倍の売上高を記録しています。

  参考: https://mercan.mercari.com/articles/2018-11-30-121000/

セミナー概要

開催概要
開催日時: 2019年8月28日(水)14時30分~17時00分 (受付開始14時10分)
開催場所: ■[東京] 茅場町/アイ・ラーニング研修センター 2F
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4-3 国際箱崎ビル

◆定員◆
[東京] 35名 ※締め切りました


概要
アジェンダ: 14:30




16:50
オープニング
1. データドリブン経営の現実
2. データドリブン経営の実現に必要な4種の神器
3. データサイエンティスト育成プログラムの説明
4. ディスカッション
クロージング
対象者:
  • 経営者 / 部門責任者の方
  • 経営を見ながら動けるデータサイエンティストを必要としている方
  • データドリブン経営を目指している方
参加費: 無料

※プログラムは予告なく変更となる場合があります

講師

前田 英志(まえだ ひでし)
 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業 戦略コンサルティング

東京大学大学院修了( 機械工学)、一橋大学国際企業戦略科修了(MBA)。
専門は技術戦略とビジネスアナリティクス。
日本IBM 戦略コンサルティンググループにおいて、データ戦略をリード。データサイエンティスト育成道場プログラムを開発し、小売業、製造業に展開。この取組みは、経済産業省のものづくり白書(2017)に掲載されている。過去IBMの経営企画に所属し、IBMの変革プロジェクトにも参画。IBMアカデミー・オブ・テクノロジーのメンバー。多摩大学大学院 客員教授。著書に「IBMを強くしたアナリティクス(共著、日経BP社)」がある。


お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00

お問い合わせフォーム