i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

PMのためのステークホルダーマネジメント ~成功するチームマネジメント編~

コースコード PM590
受講料 49,500円
(税別価格45,000円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

コース概要

現代のプロジェクトは、複雑さを増してきており、様々な利害・スキル・背景を持ったステークホルダーをコントロールする必要があります。そうした中で、ステークホルダーを適切に捉え、好業績を上げるプロジェクトチームを育成する方法について習得するコースです。 当コースでは、ステークホルダーの識別、コミュニケーション・マネジメント計画書の活用、および成功するチーム構造の本質とグループの発展モデル、アジャイル・チームおよび、それらを纏めてプロジェクトを成功に導くための行くリーダーシップのあり方について学びます。

特色とメリット

◆講師からの一言
好業績を上げるチーム運営のポイントについて、タックマンモデルや好業績チームの基本要素といった理論的な解説で行います。その上でチームをリードしてゆく上でリーダーがどの局面でどのような行動をすべきかについて解説します。
また、ご参加者による様々な経験を意見交換していただき、講師の経験談とあわせて実践的なスキルとして持ち帰っていただけます。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.ステークホルダーを特定し、分析し、ステークホルダー毎に対応計画を立てる
2.コミュニケーション計画を活用し効果的なステークホルダーマネジメントの実施
3.好業績を上げるチームの形成、育成のポイントの理解
4.成功に導くためのリーダーシップの視点とあり方の理解と各局面で取るべき行動の理解

対象者

概要をご覧ください

前提条件

プロジェクトにメンバーもしくはリーダーとして参画した経験があること

内容

第1章 はじめに

第2章 コミュニケーション計画とステークホルダー
  コミュニケーションとは
  ステークホルダー識別/分析/対応方法作成 
   コミュニケーション・マネジメント計画書 
  <演習:ステークホルダーの整理> 
 
第3章 プロジェクト・チーム
  チーム構造の特質
  好業績チームとチーム育成
  グループの発展モデル(タックマン モデル)
  異文化仮想チーム
   アジャイル・チーム
   メンバーの行動モデル
  <演習:チーム業績達成の障害>

第4章プロジェクトにおけるリーダーシップ
  リーダーシップの視点と役割
  管理と統率
  サーバント・リーダーシップ
  局面ごとのリーダーの役割

資格取得関連情報

当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(7PDU)が取得いただけます。
(PDU対象コースのご紹介 参照)

スキルレベル

ITSS:プロジェクトマネジメント-パーソナル レベル3~4

補足

PMI®, PMBOK® Guide, PMP® は、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute,Inc.)の登録商標です。

当コースは、「磨こう!プロジェクト・マネジャーのリーダーシップ(FA037)」をステークホルダー・マネジメントに特化し1日にまとめたものです。FA037のコースを既に受講された方は、一部内容が重複いたしますのでご注意ください。

※2020年4月より、内容を一部改定いたしました。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

当コースではステークホルダー(利害関係者)を捉えて、効果的にマネジメントするポイントおよび効果的なチーム運営を学びますが、これに加えて以下のコースを併せて受講される事をお勧めします。

<同等コース>PMのためのステークホルダーマネジメント ~対人関係スキル(MBTI(R))編~(PM551)
プロジェクト・マネジャーに要求されるヒューマンスキル全般を理解したうえで、性格タイプを理解する事によりPMと他のステークホルダーのコミュニケーションを如何に適切に行うかを学びます。

<同等コース>PMのためのステークホルダーマネジメント ~プロジェクトにおける交渉力編~(PM552)
プロジェクトで起こる、対立への効果的な対処方法および適切な結論に導く交渉のポイントを学びます。

備考

□テキストについて
・各クラスとも、電子テキスト(PDF)を事前に配布いたします。
ご受講の際には、テキスト閲覧用デバイスをご用意いただくことをお薦めいたします。
・当コースは、電子テキスト(PDF)のご提供のみとなり、印刷テキストには対応しておりません。

□受講者メールアドレスについて
・各クラスとも、電子テキストおよび受講のご案内を、受講者の方のメールアドレス宛てに送付させていただきます。
・お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレス入力が必須となります。

□オンラインクラス
オンラインクラスはZoomで提供いたします。
あらかじめミーティング用Zoomクライアントが導入されたパソコンをご準備ください。
Zoomクライアントが使えない環境の場合、Zoom Webクライアントでご受講いただけます。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に) および オンラインクラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

□サテライトクラス/集合クラス
開催当日は、教室に電子テキストをダウンロードしたPCをご持参ください。
研修会場では無線LANサービスを提供いたしますが、ご持参されたデバイスの接続を保証するものではありません。
サテライトクラス/集合クラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。


□オンラインクラスご参加のお客様で、自宅やオフィス以外の場所でのオンライン受講をご希望の方には iLスクエア をご提供いたします。ぜひご活用ください。