i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

OpenStackで学ぶクラウド入門

コースコード CN080
受講料 154,000円
(税別価格140,000円)
期間 2日
受講時間 9時30分 ~ 17時30分 (昼休憩60分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

昨今のITインフラのサービス化の影響により、オンプレミス環境でも高い生産性、高可用なシステムのスピーディな構築が求められるようになりました。OpenStackはそれらの問題を解決するためのツールとして非常に優れた能力を秘めています。
このコースではクラウドを取り巻く状況やクラウドを利用するメリットについて紹介し、OpenStackで構築された環境を操作することにより、クラウドならではのスピード感を体感していただきます。
また、クラウド基盤を効率よく管理・運用するためのツールについても取扱います。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.クラウドやOpenStackとは何か、導入のメリットを説明できる
2.OpenStackの基本的な操作が行える
3.OpenStack環境におけるシステム構築の自動化ができる

対象者

・はじめてクラウドやOpenStackを学習される方
・クラウド導入を検討している方

前提条件

・ITの基礎知識をお持ちの方
・必須ではありませんが、学習をスムーズに進めるため、次のコース受講もお勧めします。
 - LA100 Linuxシステム基礎

内容

1.クラウドとOpenStack
・OpenStackが注目される背景
・これまでの歴史
・クラウドとは
・クラウドの特徴
・クラウドで提供される機能
・OepnStackとは
・OpenStackの歴史
・OpenStackが提供するメリット
・代表的な事例
・OpenStackソフトウェア概要

2.OpenStackの操作演習1
・演習環境の確認
・仮想ネットワークの作成
・仮想ルータの作成
・仮想ルータと仮想ネットワーク、外部ネットワークの接続
・セキュリティグループの登録
・キーペアの作成
・仮想マシンインスタンスの起動
・フローティングIPの割り当てとSSHログイン

3.OpenStackの機能コンポーネント
・各コンポーネントの機能概要
・Horizon
・Glance
・Nova
・Neutron
・Cinder
・Swift
・Keystone
・AMQPサーバ
・データベース

4.OpenStackの操作演習2
・仮想マシンインスタンスのスナップショット
・ロードバランサの利用
・ブロックボリュームの作成
・オブジェクトストレージの利用
・その他の機能コンポーネントの利用

5.自動化を支えるOpenStackの仕組み
・自動化の重要性
・自動化を構成する要素
・OpenStackの自動化支援機能
・OpenStackと連携可能な外部ツール

6.OpenStackの操作演習3
・Metadataの利用
・Userdataの利用
・Heatの利用

補足

スクール環境
OS Linux(CentOS7)、構築済みのOpenStack環境を使用します

【重要】キャンセル規定
当コースはCTCテクノロジー(駒沢会場)直営クラスへのご案内となります。
クラス開始日の10営業日前から受講料金全額のキャンセル料が発生します。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
04 2019年11月25日~2019年11月26日 駒沢 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始10営業日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。