i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

WebSphere Application Server V9 システム管理

コースコード WA600 WW Course Code  WA590G
受講料 367,400円
(税別価格334,000円)
期間 4日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

WebSphere Application Server の導入および運用管理に携わる方を対象とした、WAS V9対応のコースです。
WASのプロファイル作成から、シングル・サーバーの構築、NDセルの構築、構成管理を演習を通じて学習するもので、これからWASの管理をされる方、既に運用に携わっている方、いずれの方も、効率よくWAS V9の機能を習得できます。

特色とメリット

◆講師からの一言
新しくWASの管理を学習される方も、WASは知っているが新しいバージョンは触ったことがないという方も、学習には実際に製品に触ってみることが一番効果的です。
社内で環境を用意することは難しいと思いますので、コースの環境を存分に活用してスキルを習得してください。

◆◆お客様の声◆◆
◆非常に多くの内容を、コンパクトに4日間に収めていると感じられる研修でした。今後の実務においても、役立つと思える内容ばかりであり、今後も講習用のテキスト等を活用し、理解をさらに深めたいと思える内容でした。
◆テキストだけでもボリュームたっぷりですが、テキストに書かれていないことなどもたくさん聞けてよかった。
◆ND版に関しては、管理コンソールから項目を眺める、あるいは以前の研修で取り扱っただけだったため、今回を機に多くの設定に触れることができました。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.WebSphere Application Server V9の概要の説明
2.管理コンソールの使用
3.エンタープライズ・アプリケーションのパッケージング
4.WASにエンタープライズ・アプリケーションのインストール
5.問題判別
6.コマンドによる管理
7.セキュリティーの設定
8.パフォーマンス・モニタリング方法の取得
9.セルの統合
10.クラスター構成を組んでワークロード管理
11.SSL通信の設定
12.インテリジェント管理の概要の説明

対象者

概要をご覧ください

前提条件

WebSphere Application Server(WAS)の製品の位置づけ、及びWASの基本機能(システム管理、ワークロード管理、セッション管理、パフォーマンス管理、セキュリティー)の概要を理解していること
WASの代表的な新機能についてその概要を理解していること
または、「はじめてのWebSphere Application Server」(WK300)を受講している
Javaの基本用語が理解できていることが望ましい
(クラス、メソッド、インスタンス、CLASSPATH、avaBeans等)

内容

●1日目
第1章 WebSphere 製品ファミリーの概要
第2章 WAS 単一サーバー構成
  演習1 プロファイルの作成
第3章 WASの管理コンソール
  演習2 WASの管理コンソールの使い方
第4章 パッケージング
  演習3 エンタープライズ・アプリケーションの作成

●2日目
第5章 エンタープライズ・アプリケーションのインストール
  演習4 エンタープライズ・アプリケーションのインストール
第6章 問題判別
  演習5 問題判別
第7章 コマンドによる管理
  演習6 wsadminの基本操作

●3日目
第8章 セキュリティー構成
  演習7 WASセキュリティー構成
  演習8 アプリケーション・セキュリティー
第9章 パフォーマンス・モニタリング
  演習9 パフォーマンス・モニタリング・ツールの使い方
第10章 WAS 複数サーバー構成
第11章 セルの統合
  演習10 演習環境構築
  演習11 統合セルの作成

●4日目
第12章 ワークロード管理
  演習12 クラスタリングとワークロード管理
第13章 WebSphere Security:SSL
  演習13 WebSphereでのSSL構成
第14章 インテリジェント管理

補足

演習環境は、英語版のLinux環境のWAS ND V9.0を使用します。
講習テキスト、演習テキストは日本語です。

2019年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:WA599)

当コースは、IBM提供のWA590G(WASシングルサーバーの管理)とWA599G(WAS複数サーバーの管理)の2つのコースを合わせて実施しています。
テキストは日本語に翻訳し、演習環境はeLabと言うブラウザーでIBMのサイト(英語環境)に接続して実施しています。
この度、WA599G(WAS複数サーバーの管理)のコースが本年10月末でリタイアされるとの連絡をIBMから受けましたが、WA590G(WASシングルサーバーの管理)コースの環境はWA599Gと同じ環境が提供されていることがわかりました。
そのため、当コースはWA590GのeLabを使用することで実施できます。
現在、WA590G(WASシングルサーバーの管理)も2020年7月末でリタイアされるとIBMから連絡を受けておりますので、必要な方はリタイアされる前にご受講ください。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
03 2019年11月18日~2019年11月21日 茅場町 受付中
04 2020年01月21日~2020年01月24日 茅場町 受付中
05 2020年03月16日~2020年03月19日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>はじめてのWebSphere Application Server(WK300)