i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

(DO280R) Red Hat OpenShift Administration I e-ラーニングコース

コースコード RHR52
受講料 154,275円
(税別価格140,250円)
期間 90日
標準学習時間: 24時間

お申し込み

参加人数

コース概要

Red Hat® OpenShift® Container Platform をインストールして管理する方法を習得できます。この実践的なラボベースのコースでは、OpenShift クラスタをインストール、設定、管理する方法を説明し、サンプルアプリケーションをデプロイすることで、開発者がプラットフォームを使用する方法の理解を深めます。

特色とメリット

OpenShift はコンテナ化アプリケーション・プラットフォームで、企業はこれにより Kubernetes を使用してコンテナのデプロイメントを管理し、アプリケーションのスケーリングを行うことができます。OpenShift は Kubernetes をベースにしており、市場投入時間の短縮、コードとしてのインフラストラクチャ、継続的インテグレーション (CI)、 継続的デリバリー (CD) といった DevOps の原則をサポートするための、事前定義されたアプリケーション環境を提供します。

学習目標

以下のスキルを習得できます。

OpenShift Container Platform のインストールと単純なクラスタの作成
OpenShift マスターとノードの設定と管理
シンプルな内部認証メカニズムによる OpenShift のセキュリティ保護
OpenShift 上のリソースへのアクセス制御
Source-to-image (S2I) を使用した OpenShift へのアプリケーションのデプロイ

対象者

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform をインストールして構成するシステム管理者、システムアーキテクト、開発者を対象としています。

前提条件

Red Hat 認定システム管理者である、またはこれと同等の Red Hat Enterprise Linux システム管理の経験を有する
Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift (DO180) を受講済み、またはコンテナ、Kubernetes、および OpenShift について同等の経験を有する

内容

1.Red Hat OpenShift Container Platform の概要
2.OpenShift Container Platform のインストール
3.OpenShift ネットワークの概念の説明
4.コマンドの実行
5.OpenShift リソースの管理
6.永続ストレージの割り当て
7.アプリケーションのデプロイ管理メトリクス・サブシステム
8.管理および監視

◆稼動環境◆
ご利用中のシステムが Red Hat オンラインラーニング・システムおよびバーチャルトレーニング・システム、およびその他の学習方法に対応しているかどうかをご確認いただけます。
(https://www.redhat.com/rhtapps/services/compatibility)

補足

当コースは、RH601のオンライントレーニングとなります。
教材は受講開始から最大90日間アクセスできます。
クラウド環境での実機演習が最大80時間まで行えます。

テキスト言語はバージョンによっては英語と日本語のものと、英語のみのものがあります。

お申し込み

参加人数

キャンセル規定

受講開始18日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

(DO280)OpenShift Container Platform Administration(RH601)