i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

IBM SPSS Modeler 入門2 データ加工

コースコード MD0Q2 WW Course Code  U50D0Q2G
受講料 71,280円
(税別価格66,000円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)
新コースコード(MLXQ2)でお申し込みください。
お問い合わせフォーム

コース概要

データマイニングツールであるIBM SPSS Modelerでデータ加工する方法を習得することを目的としたコースです。

データマイニングを行うにあたりよく利用するデータ加工の機能をご紹介します。

特色とメリット

データマイニングツールであるIBM SPSS Modelerでデータを加工する方法を習得することを目的としたコースです。
CRISP-DMのデータの準備のフェーズで使用する機能を取扱います。
データマイニングプロセスの7~9割がデータの準備に費やされるとも言われています。
モデリングのためにデータを準備する方法を説明します。

※CRISP-DM(CRoss Industry Standard Process for Data Mining)とは、IBMが推奨するデータマイニングのプロセスモデルです。



◆◆お客様の声◆◆
◆SQLは苦手意識があったが、基礎から応用まで学ぶことができ、理解が深まった。
◆実際に現場で使用するのはデータ加工まわりになる可能性が高いため、活かしていけそうだと感じています。
◆画像が丁寧に挿入されており、少し講義から遅れた際に有用であった。また、今後振り返る際にも利用できる。
◆休憩時間でもモデル作成についての質問に対し、細かく丁寧に説明して頂きました。より精度の高いモデル作成ができそうです。
◆一瞬の気も抜けないほど中身が濃かった。

学習目標

Modelerのでデータ加工を学習する

1. データ操作(フィールド作成)
2. データの結合
3. データの変換(集計、再構成)
4. レコード選択(レコード選択、サンプリング、データ区分)

対象者

IBM SPSS Modelerを使用したデータ加工の基礎を習得されたい方

前提条件

IBM SPSS Modeler入門1(MD0P2)を受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方

内容

1.データ操作入門(フィルター、フィールドの並び変え、計算)
2.シーケンスデータの操作
3.データファイルの結合とスーパーノード
4.データの集計と再構成
5.レコード選択やサンプリング、分割、キャッシュ

補足

実習で使用するPCは弊社で用意いたします

2015年10月20日よりコースタイトルが変更となりました。(旧タイトル:IBM SPSS Modelerデータ加工)なお、ご提供内容に変更はございません。

2018年1月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:0D0Q2)

2019年1月開催クラスからコースコードを変更いたしました。 新コースコード(MLXQ2)でお申し込みください。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
新コースコード(MLXQ2)でお申し込みください。
お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
IBM SPSS Modeler入門1(MD0P2)

<後続コース>
IBM SPSS Modeler顧客分析「クラスタリング&アソシエーションモデル編」(MD0R2)
IBM SPSS Modeler顧客分析「予測モデル:カテゴリ編」(STA18)
IBM SPSS Modeler顧客分析「予測モデル:スケール編」(STA19)