i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

JavaによるAndroidアプリ開発入門

コースコード MBA04
受講料 99,000円
(税別価格90,000円)
期間 2日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

Javaを使って、Androidアプリ開発の基本技術を修得するコースです。

特色とメリット

世界中で普及しているAndroidアプリをJavaで開発したい方におすすめのコースです。
本コースでは、画面の作成・イベントの取り扱い・データベースアクセスといったAndroidアプリに最低限必要な機能を学習していきます。作成したAndroidアプリは、Android端末を使用し動作確認を行うため、受講後には簡単なアプリ開発ができるようになります。また、ハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる機会を多くご用意しているため、知識として学習するよりも深く身につけることができます。
HTTP通信など応用的な内容を学習したい方には、応用コースの『JavaによるAndroidアプリ開発応用 -WebAPI、非同期処理、サービス-』(MBA05)もおすすめになります。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
・簡単なAndroidアプリケーションを開発できる
・Androidアプリの基本的なアーキテクチャを説明できる

対象者

これからAndroidアプリの開発を始めたい方

前提条件

・ 何らかのオブジェクト指向言語の開発経験があること
・ 『AndroidのためのJavaプログラミングテクニック』(MBA06)をご受講いただいた方もしくは、

内容

1.Androidの概要
 Androidで用意されているコンポーネント
2.Android Studioの操作
 プロジェクトの作成
 既存プロジェクトを開く
3.レイアウトファイルをいじってみる
4.レイアウトファイルとActivity
 文字列リソースの作成
5.画面の追加
 ボタンを押したときの処理
 Ankoについて
 画面遷移をしてみる
 EditTextで入力した内容の取得
 次の画面にEditTextに入力した内容を表示してみる
6.SQLiteを扱ってみる
7.RecyclerViewとAdapter
 ダイアログとオプションメニューを追加してみる
 Toastの表示方法
※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

補足

実習環境
・ Android Studio
・ Android 4.4~8
・ Androidタブレット端末

※使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

当コースは株式会社カサレアルが提供します。
満席でもお席をご準備できる場合がありますのでお問い合わせください。

*2018年4月よりコースタイトルが変更となりました。(旧コースタイトル:Androidアプリ開発入門)

当コースは株式会社カサレアルが提供します。
満席でもお席をご準備できる場合がありますのでお問い合わせください。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
09 2019年11月25日~2019年11月26日 泉岳寺 クラス中止
10 2019年12月05日~2019年12月06日 泉岳寺 受付中
11 2019年12月16日~2019年12月17日 泉岳寺 受付中
12 2020年01月21日~2020年01月22日 泉岳寺 受付中
13 2020年02月06日~2020年02月07日 泉岳寺 受付中
14 2020年03月02日~2020年03月03日 泉岳寺 受付中
15 2020年03月30日~2020年03月31日 泉岳寺 クラス中止

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6営業日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。