i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

アカウンタビリティ トレーニング

コースコード GB100
受講料 44,000円
(税別価格40,000円)
期間 1日
受講時間 9時00分 ~ 17時00分 (昼休憩60分間)

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

コース概要

あなたの会社でこんなことはありませんか?
・今年度の会社の目標を知らない
・他部門の悪口ばかりを言っている
・「それは私の仕事ではない」と言う
・目標未達の言い訳ばかりをする
・皆が勤勉なのに業績が伸びない
それは、アカウンタビリティ(主体的な行動)の欠如が原因です。

責任範囲=レスポンシビリティがきちんと決まっていたとしても、予期しないことが起こって漏れが生じることはあります。
野球でセンターにフライが飛んだとき、ライトもレフトも球を追います。目標(チームが勝つこと)を理解しているからです。
これは私の責任範囲ではない・・・お互いがレスポンシビリティを主張する組織
全体の目標達成のために、自分の責任範囲を超えてお互いが助け合う・・・アカウンタビリティのあふれる組織
あなたの組織はどちらですか?
このコースでは、主体的に動く「アカウンタビリティ」を発揮するためのトレーニングを、事例やビデオ教材を用いてご提供します。

特色とメリット

アカウンタビリティ・トレーニングはPartners in Leadership社が開発したもので、世界106ヶ国において1000社以上の会社で100万人以上の社員に提供されている、グローバルで多くの実績を持つ研修プログラムです。

学習目標

目標達成の成功と失敗を分けるのは、1本のライン(下図参照)です。
ラインの下には、目標が達成できない事に対しての言い訳、他人への非難、諦めの態度などが並びます。
ラインの上には、「今年の目標」を達成する4つのステップである「現実を見つめる」「当事者意識を持つ」「解決策を見出す」「行動に移す」があります。
アカウンタビリティを発揮するためにはラインの上に留まることが重要です。
ライン下は悪いことではありませんが、「非生産的」です。今いる位置はライン上か下か、それを見極めて、ラインを上がる努力が必要です。
・ああ、私たちはいまライン下にいたね。ライン上に上がろう。
・今から30分だけライン下に行くことを許可する(つまり、他人を非難してもいい)。しかし、その後はライン上に 上がるんだ。
・この状況で、私たちはどうすればライン上に上がることができる?
こんな会話ができる組織を想像してみてください。
このトレーニングを受講することにより、一人一人が組織の掲げる「今年の目標」を明確に理解し、目標達成に向けて個人の行動を見直し、実行する手助けとなります。
また、組織全体に強いアカウンタビリティを作り出す方法も学びます。
個人と組織で、アカウンタビリティを発揮するツールを用いて「今年の目標」を達成する方法を提供します。

対象者

会社の掲げる目標達成に関わるすべての方

前提条件

特になし

内容


・アカウンタビリティ文化の育成
 目標の設定 / 目標の達成に向けて
 アカウンタビリティ・ギャップ
 行動と結果 / 成果ピラミッド
・アカウンタビリティのステップ
 被害者意識の悪循環
 アカウンタビリティ・チャート
 アカウンタビリティのステップの定義
・現実を見つめる
・当事者意識を持つ
・解決策を見出す
・行動に移す
・行動計画


アカウンタビリティのステップ




補足

当コースは、株式会社アイ・ラーニングとDOOR International Japanとの業務提携により、Partners in Leadership社のライセンスに基づいて、DOOR International Japanの認定ファシリテーターが提供します。
最少開催人数 8名

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。