i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

最新ハーバード・スタイル 3D交渉術

コースコード GA711
受講料 81,000円
(税別価格75,000円)
※ 受講料は、消費税8%での税込表示をしておりますが、
  お申し込み手続き時に税率を再計算いたします。

→ 消費税改定についての詳細はこちら
期間 2日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

コース概要

若手・中堅営業(経験年数2年~5年)、もしくはビジネス交渉の実践をふたたび学びたい方に向けたコースです。
ビジネス交渉における自らの強み弱みを客観的に把握しながらスキル強化を図ることを目的として、レクチャーとエクササイズ、交渉ロールプレイを通して、ビジネス交渉の理論と実践スキルを理解し習得できます。

特色とメリット

◆講師からの一言
米国ハーバード交渉プロジェクト・フェローのDavid Lax博士(元ハーバード・ビジネス・スクール教授)が提唱する3D Negotiationを研修コースとして提供します。ビジネス交渉における実践的なフレームワークとして、アカデミックな研究アプローチだけではなく、実務への応用を通してその有効性が高く評価されているものです。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.日々の営業活動の中で発生する、交渉の基本フレームワークを理解する
2.自分だけでなく交渉相手の取り得る代替案、交渉材料を分析・理解し、交渉戦術を策定できる
3.価値を創り出せる交渉をデザインするための考え方と手法を理解する
4.交渉の枠組みを変えるための考え方と手法を理解する
5.協調と競り合いの中で、価値をいかに創出し訴求していくかを理解する

対象者

概要をご覧ください

前提条件

「ハーバード交渉プロジェクト 交渉スキル体得コース - 基礎編(交渉のフレームワーク体得のために)(GA703)」を受講済みか、同等の知識を有する方
・ビジネス交渉の実務経験を有している方

内容

●1日目
1.ロールプレイ: スキル診断ケース
2.交渉とは
3.交渉戦術 (1-D)
- 人とプロセス
- 実戦テク: 交渉決裂時の影響と代替案
4.交渉パワーとは

●2日目
5.交渉デザイン (2-D)
- 価値と優先順位
- 実戦テク: 価値のトレード
6.交渉の枠組み - 土俵を変える (3-D)
- 対象範囲と交渉手順
- 実戦テク: 3つの選択オプション
7.総括

スキルレベル

すべての職種-パーソナル

補足

*2017年11月よりコースタイトルが変更となりました。(旧コースタイトル:交渉力強化 - 勝つためのシナリオを作る -)なお、ご提供内容に変更はございません。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>ハーバード交渉プロジェクト 交渉スキル体得コース - 基礎編(交渉のフレームワーク体得のために)(GA703)

備考

【最少開催人数】4名