i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

TSO(ISPF) のオペレーション入門

コースコード ES473 WW Course Code  ES316G
受講料 59,400円
(税別価格55,000円)
※ 受講料は、消費税8%での税込表示をしておりますが、
  お申し込み手続き時に税率を再計算いたします。

→ 消費税改定についての詳細はこちら
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)
新コースコード(ES474)でお申し込みください。
お問い合わせフォーム

コース概要

ISPFを使用するアプリケーション・プログラマーおよびシステム・プログラマーの方を対象にTSOの基本操作を習得するコースです。

特色とメリット

TSOの基本操作を効率的に!独学では知らずに過ごしてしまう「うまいやり方」も学べます。


◆◆お客様の声◆◆
◆TSOの扱い方について、演習方式で学ぶことができたので聞いて覚えるよりも遥かに学習しやすかったです。
◆実機で実際に作業しながらの研修なので、より実務に近い形で学ぶことができたことが良かった。
◆基礎的なTSOの操作を学ぶことができ初心者はもちろん、中級者も大いに学ぶことができるため。
◆会社のシステムは本番稼動しているため、普段はマニュアル通りにしか扱うことができないTSOを今回の研修では自由度が高く扱えたことが良かったです。
◆講義で学習したTSOの操作方法を実機演習を通じて習得することができた点が良かった。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
業務にすぐに役立つISPFの基本的な機能を、1日で学習する。
1. TSOにログオンしてISPFダイアログを起動する
2. ISPFを使用してデータ・セットの編集を行う
3. ISPFからJCLを実行し、その結果を確認する
4. ISPFを使用して、データ・セットの割り振りや改名、削除、コピーなどを行う

対象者

ISPFを使用するアプリケーション・プログラマーおよびシステム・プログラマーの方

前提条件

「z/OS ベーシック」(ES053)、もしくは「ゼロからはじめるz/OS-e-ラーニングコース」(61Z02)を修了しているか、または同等の知識・経験をお持ちの方。

内容

1.TSOの使用
2.ISPFとは
3.ISPFの「編集」メニュー
4.バッチ・ジョブの処理
(補足) ISPFユーティリティー
(演習)

スキルレベル

ITSS:ITスペシャリスト-プラットフォーム、テクノロジ、レベル1

補足

2018年1月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:ES472)

価格改定により、2019年4月開催クラスからコースコードを変更いたしました。 新コースコード(ES474)でお申し込みください。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
新コースコード(ES474)でお申し込みください。
お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
z/OS ベーシック(ES053)
ゼロからはじめるz/OS-e-ラーニングコース」(61Z02)