i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

「優秀」と評されるプログラマー養成

コースコード ED911
受講料 55,000円
(税別価格50,000円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

コース概要

入社2~5年目程度の、システム開発に従事する若手プログラマーの方に向けたコースです。
システム開発現場において「優秀な人物」と評価されるプログラマーを目指すために必要な「How」を導き出す思考法と、思考の整理方法としての「問題分析技法」「要求分析技法」を、演習を交えて習得します。

特色とメリット

◆講師からの一言
実装に携わるプログラマーは、指示されたものをプログラミングしているだけでは、ITの広い世界で羽ばたくことは難しいです。
実際にプログラムの現場から、上流工程やリーダーに選ばれていった人達のものの見方や考え方を集大成したコースですので、ここで紹介する思考法や思考の整理技法を是非身につけてください。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
プログラマーとしてシステム開発現場でキーマンとなるために必要な思考方法とその整理方法・表現方法の習得

対象者

概要をご覧ください

前提条件

システム開発工程の一般的知識を有することが望ましい。(学校や新人研修で学習するレベル感で十分です)

内容

1.プログラマーの仕事とは?
1-1 一般論で見る、プログラマーの仕事
1-2 プログラマーの仕事をより詳細に分析する
1-3 プログラマーが良く出会う「悩み」「考える」シーン

2.プログラマーが持つべき思考
2-1 Howの手探り
2-2 Howからの突き上げ
2-3 Howのチューニング
2-4 制御可能で制御価値の有る物から手を付ける
2-5 結果イメージを予測する

3.思考の整理方法
3-1 目的と手段の連鎖による思考の整理
3-2 問題を整理する ~問題分析ツリー~
3-3 目標と要求を整理する ~要求分析ツリー~
参考 問題分析と要求分析の融合

4.実践演習
4-1 プログラムロジックを考える
    Howの手探り、Howからの突き上げ、Howのチューニング
4-2 バグの原因を突き止める
    制御可能で制御価値の有る物から手を付ける
4-3 コミュニケーションを図る
    Howの手探り

5.まとめ
5-1 研修の振り返り
5-2 優秀なプログラマーと優秀でないプログラマー

スキルレベル

ITSS:アプリケーションスペシャリスト-テクノロジ レベル1~2

補足

当コースはオーアール・ラボ株式会社直営クラスへのご案内となります。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。