i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

要求開発方法論入門

コースコード ED042
受講料 60,500円
(税別価格55,000円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

コース概要

システムライフサイクルにおける、計画、要件定義を担当される、またはユーザー部門の方を
対象に、「要求開発方法論」をベースにした要求分析プロセスの概要を学ぶコースです。
要求開発方法論の中でも中心になる問題分析・要求分析を中心に解説します。

特色とメリット

◆講師からの一言
要求を定義するプロセスについて、モデリング手法を基にした要求分析プロセスを学びます。
なお当コースは、「要求開発方法論(要求開発アライアンス)」をベースにしています。
通常これらのメソッドや知識体系をきちんと学ぼうと思うと数日の研修が必要になりますが、
当コースはその中でも特に重要な部分を抜き出して、明日からでも活用できるようなイメージを
持っていただく内容で構成しております。
これからご担当される方はもちろん、進め方がよく判らず困った経験をお持ちの方にとっても、
「気付き」をご提供できるコースです。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.システム開発者として超上流工程の必要性を理解する
2.漠然としたユーザー要望を分析し、ユーザーの戦略や本質問題を鑑みた最適なソリューション(解決策)の導出方法と、その際の思考方法・意識の持ち方を理解する。

対象者

概要をご覧ください

前提条件

ビジネス・アプリケーション開発工程の作業を体系的に捉え 分析・設計・開発(製作)の概要を理解している
または「ビジネス・アプリケーション・システム開発の基礎(ED001)」を受講している

内容

1.要求開発の概要解説
 要求開発の位置付け、要求開発プロセス
2.要求開発方法論
 -プロセスの全体像
 -プロジェクトステークホルダーの選定(解説・演習)
  ステークホルダー分析、ビジネスコンテキスト図
 -分析テクニックと意識の向け方
  Howの手探り、Howからの突き上げ   
 -問題分析(ボトムアップ分析) (解説・演習)        
  問題分析ツリー
 -要求分析(トップダウン分析) (解説・演習)
  要求分析ツリー、BSC戦略マップ
3.まとめ
 要求開発の目的と効果、活用方法

スキルレベル

ITSS:アプリケーションスペシャリスト-メソドロジ レベル2

補足

当コースは「要求開発方法論入門(ED041)」(2日間版)の後継コースです。
コースタイトルは同じ「要求開発方法論入門」ですが、日程が1日版となり短縮されました。

当コースはオーアール・ラボ株式会社直営クラスへのご案内となります。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考

お申し込み

*受講をご希望の方はお問合せにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>ビジネス・アプリケーション・システム開発の基礎(ED001)