i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

クラウドネイティブ人財育成道場 - DevOpsによる継続開発編

コースコード DXB02
受講料 99,000円
(税別価格90,000円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)
コース終了いたしました。当コースの内容は”クラウドネイティブまるごと理解 ”(DXB01)に統合されました。
お問い合わせフォーム

コース概要

「クラウドネイティブ人財育成道場」シリーズは、クラウドネイティブ開発あるいは開発内製化等に直面しているベンダー企業やユーザー企業のITエンジニア向け講座で、当コースは基本トレーニングのひとつです。

当コースは、開発(Dev)と運用(Ops)が一体となり、協力し合って開発する手法として一般的になりつつある「DevOps」を具体化するにあたって、リーンソフトウェア、アジャイル、インフラコード化、組織ビルド等、必要な技術スキルを習得すること、クラウド導入時のマネジメントの円滑化と、その先にあるクラウドネイティブ化を強力に推し進めるための組織醸成スキルを習得することを目的としています。

特色とメリット

クラウドネイティブとは、クラウドで生み出される、クラウドでしか作ることが出来ないアプリケーションを指します。
従来の仮想サーバーベースで作られたアプリケーションをIaaSへ移行したとしてもオンプレミスで稼働している仮想サーバーと同じ構成であればクラウドネイティブとはいえません。当講座では、クラウドネイティブ開発の第一線で活躍する講師陣による効果的かつ実践的演習により、実務に必要なスキルを身につけることができます。

【講師からのひとこと】
クラウドを使いこなすためにはアプリケーション開発に関わるライフサイクルも同時に進化させていく必要があります。ライフサイクルとは開発プロセスそのもので、従来からあるアジャイルを取り入れることが重要です。DevOpsには前提としてアジャイルがあり、アジャイルの中でアプリケーション開発とインフラ運用をコラボさせることが重要です。
本講座では様々なワークショップを通じてDevOpsを浸透させる知識を身につけます。特にマネージャーはDevOpsを実践することでプロダクトの品質を向上させるという大きな役割があり、アーキテクトとしての知識も向上することが期待できます。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。

1.従来のマネジメントとの違いを理解し、顧客に適切な提案ができる。
2.アプリケーション開発における継続的改善の仕組みを理解し、導入できる。
3.クラウドデザインに、継続開発出来る仕組みを設計、導入できる。
4.インフラ構築における自動化を設計、導入することができる。

対象者

・サーバー運用にかかわるエンジニア
・上流工程にかかわるエンジニア
・プログラマー
・一般管理者

前提条件

・クラウドの基本的な用語が理解できる
・チーム開発経験
・「クラウドネイティブ人財育成道場 -クラウドデザイン編」(DXB01)」を受講しているか、PaaSとクラウドデザイン(クラウド設計)に関する知識とスキルがあること

内容

1.DevOps概要
・リーンソフトウェアとアジャイル開発
・スクラム
・組織醸成
2.継続的開発
・GitLab
・デリバリチェーン
・Infrastructure as Code
3.自動化
・クラウドオーケストレーション

【ワークショップ】
・チームマネジメント
 - リーダーシップゲーム
・継続的改善
 - 継続的改善を体感する
・仕組み改善
 - 仕事の仕組みを変化させる

【ハンズオン】
・Infrastructure as Code実践
 - Ansibleによるサーバー自動構成
 - Teraformによるクラウドオーケストレーション
・CI/CD
 - Azure DevOpsによる継続的デリバリ

補足

2019年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコードDXA02)

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
コース終了いたしました。当コースの内容は”クラウドネイティブまるごと理解 ”(DXB01)に統合されました。
お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

備考

2019年8月をもって当コースは終了しました。
当コースの内容は、以下のコース(DXB01)に統合されました。
こちらのコースのご受講をご検討ください。

クラウドネイティブまるごと理解 ~DevOpsからマイクロサービス、クラウドデザインまで~(DXB01)