i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

DevOpsファンダメンタル認定試験コース

コースコード DO044
受講料 176,000円
(税別価格160,000円)
期間 2日
受講時間 9時30分 ~ 17時30分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

DevOpsファンダメンタル認定資格を目指す方に向けたコースです。
DASAが定義したDevOpsコンピテンスフレームワークは、8つの知識エリア、4つのスキルエリアからなります。例えば、知識エリアとして事業価値最適化、継続的デリバリーなど、スキルエリアとして継続的改善、チーム構築などがありますが、当コースでは、それらを体系的に学ぶことができます。
あわせて、模擬試験の実施と解説を経て、DevOpsファンダメンタル認定資格試験を受験できます。

特色とメリット

◆講師からの一言
グローバルな認定資格の取得を通して、DevOpsを正しく理解することで次のマスター認定資格を目指してください。DevOpsを導入することで組織の成功に貢献しましょう。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.DevOpsの登場につながった要因を説明できる
2.DevOpsの主要な概念と原則の定義を学ぶ
3.DevOpsと継続的デリバリーのビジネス上の利点を説明できる
4.サービスデリバリープロセスを説明できる
5.テストの自動化、インフラの自動化、ビルドとデプロイメントの自動化のコンセプトを理解する
6.DevOpsがリーンとアジャイルの方法論に関係していることを説明できる
7.DevOpsの実装に関する重要成功要因について理解する

対象者

概要をご覧ください

前提条件

必須の前提条件はありませんが、アジャイル開発、リーン、ITサービスマネジメント(ITIL)などの前提知識があることで理解度が上がり、学習効果が高まります。
「DevOps入門(DO003)」を事前に受講することをお勧めします。

内容

●1日目
1.コース紹介
2.DevOpsの基礎知識と前提
  DevOpsの歴史、ビジネスベネフィット、DevOps原則、ゴールと測定基準
3.個人にとってDevOpsとは
  役割分担型からT字型プロファイル、DASAコンピテンスモデル
4.チームや組織にとってDevOpsとは
  文化や行動様式、組織モデル、チームの自律性、スケーリング
●2日目
5.実務におけるDevOpsとは
  ITSM、リーン、アジャイル、アーキテクチャ、継続的デバリーと自動化、インフラとクラウド
6.次のステップ
  現状の分析、継続的改善
7.模擬試験の実施
8.質疑応答
9.認定資格の受験

資格取得関連情報

DASA DevOpsファンダメンタル認定資格の取得
(https://www.devopsagileskills.org/)

試験概要
 試験機関APMG社からオンライン試験が提供されます。
 試験時間 : 60分間 (日本語が母国語でない場合、15分の延長あり)
 問題数 : 40問
 合格ライン : 65% (26問正答)

当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(14PDU)が取得いただけます。
(PDU対象コースのご紹介 参照)

補足

当コースは、DASAの認定資格を受験するコースです。
資格認定方式の変更により、2021年4月から3日間コースを2日間コースに変更します。
*) DASA : DevOps Agile Skills Associationの略

受験登録時に受講者ご本人のメールアドレスが必須となります。
また、このメールアドレスに対してDASAから認証依頼メール、合否メールが直接送付されます。

PMI®, PMBOK® Guide, PMP® は、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute,Inc.)の登録商標です。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
03 2021年11月15日~2021年11月16日 オンラインクラス クラス中止
04 2022年02月24日~2022年02月25日 オンラインクラス 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>DevOps入門(DO003)
<後続コース>DevOpsマスター認定試験コース(DO005)
<後続コース>アジャイル・スクラム入門 -EXIN Agile Scrum ファンデーション認定試験付き-(ED807)

備考

□テキストについて
・各クラスとも、印刷テキストを郵送にてお送りいたします。
・お申し込み時に、印刷テキスト送付先ご住所の入力をお願いいたします。
** 印刷テキストは、無償で提供いたします
(有償となる場合は、弊社サイト内でお知らせいたします)

□受講者メールアドレスについて
・各クラスとも、受講のご案内を、受講者の方のメールアドレス宛てに送付させていただきます。
・お申し込み時に受講者ご本人のメールアドレス入力が必須となります。

□オンラインクラス
オンラインクラスはZoomで提供いたします。
あらかじめミーティング用Zoomクライアントが導入されたパソコンをご準備ください。
Zoomクライアントが使えない環境の場合、Zoom Webクライアントでご受講いただけます。
オンラインクラス受講ガイド(Zoomでご受講の前に) および オンラインクラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。

□サテライトクラス/集合クラス
開催当日は、教室に発送された印刷テキストをご持参ください。
サテライトクラス/集合クラス利用条件 をご一読いただき、ご同意の上、お申し込みをお願いいたします。


□オンラインクラスご参加のお客様で、自宅やオフィス以外の場所でのオンライン受講をご希望の方には iLスクエア をご提供いたします。ぜひご活用ください。