i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

DevOpsファンダメンタル認定試験コース

コースコード DO004
受講料 253,000円
(税別価格230,000円)
期間 3日
受講時間 9時30分 ~ 17時30分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

DevOpsファンダメンタル認定資格を目指す方に向けたコースです。
DASAが定義したDevOpsコンピテンスフレームワークは、8つの知識エリア、4つのスキルエリアからなります。例えば、知識エリアとして事業価値最適化、継続的デリバリーなど、スキルエリアとして継続的改善、チーム構築などがありますが、当コースでは、それらを体系的に学ぶことができます。
あわせて、模擬試験の実施と解説を経て、DevOpsファンダメンタル認定資格試験を受験できます。

特色とメリット

◆講師からの一言
グローバルな認定資格の取得を通して、DevOpsを正しく理解することで次のマスター認定資格を目指してください。DevOpsを導入することで組織の成功に貢献しましょう。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.DevOpsの登場につながった推進要員を説明できる
2.DevOpsの主要な概念と原則の定義を学ぶ
3.DevOpsと継続的デリバリーのビジネス上の利点を説明できる
4.サービスデリバリープロセスを説明できる
5.テストの自動化、インフラの自動化、ビルドとデプロイメントの自動化のコンセプトを理解する
6.DevOpsがリーンとアジャイルの方法論に関係していることを説明できる
7.DevOpsの実装に関する重要成功要因について理解する

対象者

概要をご覧ください

前提条件

DevOpsとは何かを全体から説明できる
または「DevOps入門(DO003)」を受講していることが望ましい

内容

●1日目
1.コース紹介
2.DevOpsイントロダクション
3.カルチャー
  DevOpsカルチャーのエッセンスと主要な要素
  
●2日目
4.組織  組織モデル、自律型チーム、ガバナンス
5.プロセス  DevOpsとITSMとの関係、アジャイルとスクラム、アジャイルとリーン
6.自動化  データセンターの自動化

●3日目
6.自動化  データセンターの自動化
7.測定と改善  メトリックス、モニタリング、ロギング
模擬試験問題の実施と解説

認定資格の受験(1時間)

資格取得関連情報

DASA DevOpsファンダメンタル認定資格の取得
(https://www.devopsagileskills.org/)

当コースはPMBOK® Guideに準拠しており、修了時にPMI®のPDU(21PDU)が取得いただけます。
(PDU対象コースのご紹介 参照)

スキルレベル

ITSS:すべての職種-メソドロジ_レベル3

補足

当コースはEXIN の認定資格を受験するコースです。
受験登録時に受講者ご本人のメールアドレスが必須となります。
また、このメールアドレス対して、EXINから認証依頼メール、合否メールが直接送付されます。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
03 2020年02月18日~2020年02月20日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>DevOps入門(DO003)
<後続コース>DevOpsマスター認定試験コース (DO005)
<後続コース>アジャイル・スクラム入門 -EXIN Agile Scrum ファンデーション認定試験付き-(ED807)