i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

アセンブラー言語入門

コースコード DA041 WW Course Code  U5DA040G
受講料 118,800円
(税別価格110,000円)
※ 受講料は、消費税8%での税込表示をしておりますが、
  お申し込み手続き時に税率を再計算いたします。

→ 消費税改定についての詳細はこちら
期間 2日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)
新コースコード(DA042)でお申し込みください。
お問い合わせフォーム

コース概要

アセンブラー言語の基本的な知識を習得するコースです。
実際のプログラミング・スキルをつけるための後続コース「アセンブラー言語演習-実機演習で身に付くアセンブラーの基礎」(DA051)を受講するための前提知識になります。

特色とメリット

・自習では難しかったり時間がかかってしまう学習内容を、ベテラン講師がわかりやすく指導しますので、効率的に学べます。
・プログラミング・スキルをつけるための後続コース「アセンブラー言語演習」(DA051)の前提知識をつけることができます。
・必須かつ最低限のアセンブラーの知識が習得できるので、実際のプログラミング・スキルは自習して実務にあたることもできます。
・机上演習により、知識の定着をはかります。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
IBM z Systemsアーキテクチャーの基礎
・CPU、PSW と汎用レジスター
・仮想記憶(主記憶)のしくみと記憶保護
・命令の種類と形式
・アドレッシング
・割込み
データの定義と基本的な機械命令
・DC/DS命令
・レジスターの操作
・比較処理と条件分岐
・ループの制御
・文字と文字列の処理
・四則演算(2 進固定小数点演算)
アセンブラー言語の基本知識
・ステートメントの形式
・シンボルの使用と属性
・イクエイション
・基本的なアセンブラー命令
・オペランドの記述(項と式)
・実命令とマクロ命令
・境界調整、等

対象者

・アセンブラーによる適用業務のプログラム開発や保守に携わる方
・システム制御プログラムとそれに関連する専門的な技術援助を行う方
・その他、アセンブラー言語に興味がある方

前提条件

・「新入社員研修-情報システムの基礎」または「コンピューター・システム入門(BB200)」または「まるわかり情報システムの基礎(GM001)」を受講済み、または同等の知識があること
なかでもコンピューターで扱われるデータの形式の違いについて、確実に理解していること。
2 進数、10 進数、16 進数の違いと相互変換の計算法(16 進電卓の使用でも可)
パック10 進数、ゾーン10 進数の形式の意味と両者の使い分け方

内容

●1日目
1. System z アーキテクチャーの基礎
2. データの定義と基本的な機械命令

●2日目
2. データの定義と基本的な機械命令(続き)
3. アセンブラー言語の基本知識

補足

当コースは、IBM z Systemsのアセンブラー言語を対象としております。

2018年1月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:DA040)

2019年1月開催クラスからコースコードを変更いたしました。 新コースコード(DA042)でお申し込みください。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
新コースコード(DA042)でお申し込みください。
お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
新入社員研修-情報システムの基礎(新入社員研修)
コンピューター・システム入門(BB200)
まるわかり情報システムの基礎(GM001)

<後続コース>
アセンブラー言語演習-実機演習で身に付くアセンブラーの基礎(DA051)