i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

IBM Watson 開発道場

コースコード COG80
受講料 330,000円
(税別価格300,000円)
期間 4日
受講時間 9時30分 ~ 18時00分 (昼休憩45分間)
最終日の終了は、17:00の予定です。
コース終了いたしました。
お問い合わせフォーム

コース概要

すでにWatsonについての概要的知識はお持ちで、これから実践的なアプリ開発を行いたいとお考えの方を対象としたコースです。
IBM Watson Assistant( 旧Conversation)を使ってチャットボットを作成し、Webサイトに組み込むためのインタフェースを利用して、システムに実装するまでを行います。

特色とメリット

◆講師からの一言
帰社後に自社ホームページにチャットボットシステムを組み込むことができるようになることを目指した,実践的なコースです。

◆◆お客様の声◆◆
◆4日にわたってWatsonAssistantとその周辺サービスの連携方法や、実際にLINEやSlackでボットを利用するところまで習得することができたので良かったと思います。
◆Watson Assistant/Discoveryの開発について、興味深い話題を幅広く提供いただきました。弊社内にて進行中のプロジェクトに直接寄与できる知見も得られ、非常に満足です。
◆最後の発表で自身であまり思い浮かばなかった発想を知れて満足しました。
◆ほとんど0からの知識でしたが、自社に持ち帰り、使い方などの知識を共有出来るほどになりました。
◆手順が丁寧に記載してあり、読み返しすことで理解を深めることが出来ました。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
・IBM Watson Assistant( 旧Conversation) APIを使ったチャットボットを実装する

対象者

概要をご覧ください

前提条件

IBM Watsonについての概要を理解している
または「IBM Watsonの基礎(COG10)」を受講していること
及び、IBM Cloud(旧Bluemix)の操作ができること
または「速習! IBM Cloud(Bluemix) ビジネスアプリケーション開発(CN011)」を受講していること

内容

●1日目
IBM Cloud と Watson
演習環境セットアップ
演習:演習環境の構築
   (Node-RED環境の作成、Slackボットの作成、検証環境の準備)
Watson Assistantの使い方基礎
Skills(旧Workspace)の作成
IntentsとEntities
演習:IntentsとEntitiesの作成
演習:Dialog作成とTry itによる動作確認

●2日目
Assistant Tool
会話記録用DBの作成
Watson Language Translator有効化
Cloudant内データのエクスポート
演習:会話ログのCloudant NoSQLへの保管とエクスポート
演習:翻訳機能の追加
Webベースのチャットボット
演習:サンプル3つを取り込み、カスタマイズ
Visual Recognition入門
演習:Visual Recognitionを使った画像分類アプリの作成
(参考)コードのバックアップ
(参考)WordPress+プラグインによる実装
(参考)ショートメッセージによるチャットボット

●3日目
Watson Discovery + Node-RED
Watson Studioデータ可視化入門
LINEボットの作り方
Watson Workspaceボットの作り方
演習:LINE/Watson Workspace用ボット
Facebook Messengerボットの作り方
演習:Facebook Messenger ボットの作成
個別演習:社内システムFAQ、福利厚生FAQ、法務トラブルFAQなどから1つ選んでWatson Assistantを使ったチャットボットを作成

●4日目
個別演習続き
個別演習の発表と講評

補足

※※受講時間(開始時間・終了時間)変更のお知らせ※※
当コースは、2017年11月以降、9:30~18:00に変更になりました。
最終日の終了は、17:00の予定です。
受講票をご確認のうえご来場いただきますようよろしくお願いいたします。


当コースで、以下の修了認定基準を満たした受講者には、修了証を発行します。
1.ベンダーの会話ボット用APIを用いて、ヒトと会話する流れを組み立てることができる。
(当コースではIBM Watson を主に利用します。)
2.組み立てた会話ロジックをチャットボットとして、Webやチャットツール、メッセージアプリ、IoTなどに組み込むことができる。
3.組み立てたチャットボットをスマートフォン用のアプリにする。
4.会話ボット用のAPIだけでなく、画像認識APIや翻訳API、音声認識APIなどを組み合わせて、実装することができる。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
コース終了いたしました。
お問い合わせフォーム

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
速習! IBM Cloud(Bluemix) ビジネスアプリケーション開発(CN011)
IBM Watsonの基礎(COG10)