i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

さあ!始めようRPA ~RPAの基礎からリスク管理まで~

コースコード BR010
受講料 54,000円
(税別価格50,000円)
※ 受講料は、消費税8%での税込表示をしておりますが、
  お申し込み手続き時に税率を再計算いたします。

→ 消費税改定についての詳細はこちら
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

当コースは、RPAに興味がある方、RPAによる業務改善プロジェクトに関わる方に向けた基礎から実践までを幅広く学ぶコースです。
業務改革ツールとして注目されているRPAについて、基礎から応用・実践までを体系的に幅広く学びます。RPA本来の目的である業務効率を最大化する観点から、RPA導入のポイントに重点を置いて解説します。

特色とメリット

◆講師からの一言
RPA は、人間を単純作業から解放し、大幅な業務の効率化やコスト削減が図れるといった特長に期待が寄せられる注目の技術です。
当コースでは、RPAの基礎から応用・実践まで、失敗事例も含めて、特長について体系的に学ぶことができます。
実践として、RPA(WinActor)を導入して、実際の手作業業務を自動化するため演習を行います。



YouTubeでご覧いただく場合はこちらから

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
RPA基礎の理解
 RPAの特徴と効果
 RPAとの連携技術
 RPAのシステム構成
 ユーザー要求定義
 RPA導入プロセス
 運用管理とセキュリティ
 RPA(WinActor) を使った業務自動化のための演習

対象者

概要をご覧ください

前提条件

業務プロセスの基礎を理解しているか、または、「業務プロセス設計 BPMの基礎(BI002)」を受講していることが望ましい。

内容

1.RPAの基本概念
2.RPAの適用と効果
3.RPAに近い技術と連携
4.ソフトウェアとしてのRPA
5.業務と操作の可視化
6.ユーザー要求とシステム開発
7.RPAの導入プロセス
8.運用管理とセキュリティ
9. 手作業の業務シナリオに基づき、業務の自動化を行う実機演習
 (RPA-WinActorを使用)

スキルレベル

ITSS:すべての職種-メソドロジ_レベル:2~3
ITSS:アプリケーションスペシャリスト-メソドロジ

補足

<受講当日について>
午後は、WinActorを使った業務自動化の実機演習を行います。
その前提として、MSOffice等の基本操作ができること。ただしWinActorの操作スキル、プログラミングスキルなどは不要です。また、PCの持込も不要です。

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
02 2019年08月26日~2019年08月26日 茅場町 受付中
03 2019年11月22日~2019年11月22日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>業務プロセス設計 BPMの基礎(BI002)
<後続コース>RPA導入プロジェクトの進め方(BR020)
<同等コース>IBM Watsonの基礎(COG10)
<同等コース>デザイン思考入門(DZN01)