i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

z/OS RACF オペレーション演習

コースコード BE873 WW Course Code  BE87G
受講料 217,080円
(税別価格201,000円)
期間 3日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

z/OSの下で様々な資源にセキュリティーをかけることができます。

特色とメリット


◆◆お客様の声◆◆
◆権限エラーのメッセージが出た際に原因について聞かれたり、権限の管理をどのように行えばいいかQAを受けたりするので今後学んだことを活かせると思います。
◆現在、RACFを使用したセキュリティ分野の技術保守を担当しているため、業務上のリスクや業務ミスなど軽減、防止できると思っている。また、現業務の自動化推進に役立つと感じた。
◆実機を通じた演習があったことで、座学で身に着けた知識をしっかり習得することができたと思います。
◆かなりボリュームがあるテキストの中で、要点をしぼって、また必要に応じて実務経験がないと知りえないような補足情報を多数加えて丁寧に講義していただき、たいへんわかりやすかった。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1. RACFがもつ安全保護の機能を理解する
2. RACFを使用して、システムにセキュリティーをかけることができる

対象者

z/OS(OS/390) コンピューター・システムにおける情報資産の安全保護に携わる方、システムの運用管理および安全保護に携わる方

前提条件

「z/OSの構成と機能」(ES205)を修了しているか、または同等の知識・経験を有すること。

内容

●1日目
1.セキュリティとRACF概説
2.グループとユーザーの管理
(演習)

●2日目
3.MVSデータ・セットの保護
4.一般資源の概要
(演習)

3日目
●4.一般資源の概要(続き)
5.RACFオプション
6.その他の管理機能
(演習)

スキルレベル

ITSS:ITスペシャリスト-セキュリティ、テクノロジ、レベル3
ITSS:ITスペシャリスト-システム管理、テクノロジ、レベル2

補足

2019年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:BE872)

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
01 2019年05月27日~2019年05月29日 茅場町 クラス中止
02 2019年08月05日~2019年08月07日 茅場町 受付中
03 2019年11月27日~2019年11月29日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
z/OSの構成と機能(ES205)