i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

IBM i システム操作編

コースコード AS602 WW Course Code  AS24G
受講料 234,300円
(税別価格213,000円)
期間 4日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

これからIBM iの運用、管理に携わる全ての方を対象とする、IBM iのシステム操作入門コースです。
実行管理、機密保護、回復設計の実施前段階として、これらに関する基礎知識を演習を交えて習得します。
従来はあまり説明されることが無かった文書化コマンドを理解することにより、プログラムとDBの関連、物理ファイルと論理ファイルの関連など、必要な情報を取り出し、様々な分析に利用できるようになります。

特色とメリット

演習を交え、日常のオペレーション全般を詳しく学ぶことができます。



◆◆お客様の声◆◆
◆普段の業務上で、その場を経験しないとまず遭遇しないだろうというコマンド等をテキストを通して体系立てて知ることができた。
◆学習手段が乏しく、会社で操作するには危険なコマンドもあるため、こちらで演習を行ったほうが良いと思いました。
◆非常に多くの情報量があり、また説明の方法が非常に分かりやすかったため、満足しました。IBMiのことだけではなく、ちょっとした豆知識がちらほら聞けたのも満足度をより高くした様に感じます。
◆同じ立場の者がいた場合、PJ参画まえの参加を勧めたい。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
IBM i のシステム操作員として、以下の操作を行う
システム画面の使用
コマンド検索
メッセージの取り扱い(5250エミュレータ)
ライブラリーリストの設定
印刷制御
実行環境の調査
バッチ投入
機密保護の基礎
保管/復元
ログの使用

対象者

IBMi(System i)のシステム操作を行う方

前提条件

「IBM i 入門編」(SI001)を修了しているか、同等の知識経験を有すること

内容

●1日目
1. IBM i の紹介
2. システムインターフェースとヘルプ
3. メッセージ
(演習と解説)

●2日目
4.オブジェクト管理
5.制御言語
6.印刷制御
(演習と解説)

●3日目
7.実行管理
8.機密保護
(演習と解説)

●4日目
9.回復設計
10.問題判別
11.文書化コマンド
(演習と解説)

資格取得関連情報

資格取得研修のページをご確認ください。

スキルレベル

ITSS-ITスペシャリスト-プラットフォーム(i)、テクノロジ、レベル2

補足

2019年4月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:AS601)

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
09 2020年01月20日~2020年01月23日 大阪 受付中
10 2020年01月28日~2020年01月31日 茅場町 受付中
61 2020年01月28日~2020年01月31日 福岡サテライト 受付中
11 2020年02月18日~2020年02月21日 名古屋 受付中
12 2020年03月03日~2020年03月06日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
IBM i 入門編(SI001)

<後続コース>
システムの運用管理を行う方は、当コースの後以下のコースをご受講ください。
IBM i 機密保護演習(AS612)
IBM i 実行管理演習(AS622)
IBM i 回復設計演習(AS632)