i-Learning 株式会社アイ・ラーニング

コース検索条件

キーワード

コースコード

コース名

講座

受講形態

クラス検索条件

開催期間

開催場所

開催確定クラス

※開催が確定しているクラスのみを表示したい場合、チェックを入れてください

お申し込み予定

お申し込みクラス数:0件

合計:0

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

 記憶

コース詳細

IBM SPSS Amos操作入門

コースコード AM2D7 WW Course Code  0G203G
受講料 65,340円
(税別価格60,500円)

※ アカデミック会員 42,471円
  (税別価格39,325円)
期間 1日
受講時間 9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

コース概要

Amosの基本操作、モデルの作成とその出力の読み取り方を習得することを目的としたコースです。

Amosグラフィックスを使いこなすために、アイコンを使ってパス図を作成する方法を学びます。
このコースでは、回帰分析、パス解析、(確認的)因子分析、多重指標モデルをパス図を作成し、分析を実行します。
分析の実行後、出力結果の見方を確認します。

学習目標

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1. Amosによる回帰分析とパス解析の基礎を理解
2. 確認(証)的因子分析の基礎を理解
3. 多重指標モデルの基礎を理解
4. 因子分析モデルにおける多母集団の同時分析の基礎を理解

対象者

Amosの操作を習得したい方
アカデミック価格対象コースです。

前提条件

当コースは、回帰分析と因子分析の基本的な概念を理解されていることを前提に構成されています。

以下のコースを受講された方、もしくは同程度の知識を有すること

・IBM SPSS Statistics予測のための回帰・ロジスティック回帰分析(STA15)
・IBM SPSS Statistics分類のための主成分・因子・クラスタ分析(STA14)  

内容

1. 構造方程式モデリング入門
  ・構造方程式モデリングとは
  ・構造方程式モデリングの用語
2. 回帰分析とパス解析
  ・Amosを使用した回帰分析とパス解析
3. 因子分析
  ・Amosを使用した因子分析
  ・複数のグループを同時に分析する
4. 多重指標モデル
  ・潜在変数の因果関係を表す多重指標モデルの実行
  ・モデルの適合度にかんして
付録. 多母集団の同時分析と平均構造モデル

補足

実習で使用するPCは弊社で用意いたします

2018年1月よりコースコードが変更になりました。(旧コースコード:0E2D7)

開催日程

クラス 開催日 開催地 申し込み受付 備考
03 2018年12月10日~2018年12月10日 茅場町 受付中
04 2019年02月15日~2019年02月15日 茅場町 受付中

お申し込み

クラス・日程・開催地
参加人数

キャンセル規定

受講開始6日前から受講料の100%のキャンセル料がかかります。

関連コース情報

<前提コース>
IBM SPSS Statistics予測のための回帰・ロジスティック回帰分析(STA15)
IBM SPSS Statistics分類のための主成分・因子・クラスタ分析(STA14)