i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



自ら学び考え行動する人財

アイ・ラーニングでは、「自ら学び・考え・行動する人財」の育成をコンセプトに、オリジナルのアクティブラーニング(教えない研修)、学び続ける人財の育成・組織に取り組んできました。今まで培ってきた内容も大切にしながら、2019年度は現在の新入社員の傾向を踏まえ、一歩踏み出す人財の育成支援を行います。

一歩踏み出す!人財の育成

ここ数年の受講者のアセスメント結果や講師、CM(クラスマネージャー)から、主体性が低く、承認欲求が高いとの声があります。他者に承認を求めるのは、自分に自信がない場合に多く見受けられます。
一歩踏み出し行動するためには、自分に自信を持つことが必要です。自信を持つためには、自分の経験・体験を自分の成果や価値として認めること、相手からの指摘が自分の成長につながっているという思考への癖をつけることです。
自信は、行動するために必要なエネルギーです。
行動するためのエネルギーの貯え方、次につながる物事の捉え方を身につけて、研修終了後も自分で行動できるための素地を身につけていきます。


継続した育成サポート

一人前の人財は、研修だけでは育ちません。現場での経験・育成も非常に大切です。
更に早期育成を考えた場合、新入社員研修と現場での育成が分離してしまうのは、非常にもったいないことです。新入社員研修で培われた土台、新入社員研修での状況を引き継ぎ、一人前の人財へと育成してくのが望ましい姿ではないでしょうか。
アイ・ラーニングでは、3年で一人前の人財になることを想定し、新入社員の方々にはその後の年次フォローアップ研修や、スキル向上(ヒューマンスキル、ITスキル、営業スキルなど)への研修も提供しています。
また、新入社員の教育や環境に関わる方々を対象とした、OJT・受け入れ側研修、中堅社員研修、管理職研修なども行っております。新入社員のみならず、組織として成長し続けていくための支援をいたします。