i-Learning 株式会社アイ・ラーニング



データサイエンティスト育成講座

経済産業省「第四次産業革命スキル習得講座」認定 データサイエンティスト育成講座

経済産業省は、第4次産業革命へ対応するべく「新産業構造ビジョン」の指針を提唱しました。
個人、企業がこのビジネスの変化に対応していくためには、新たなスキルを身につけることが不可欠です。 特に重視される能力として、「問題発見、解決のための情報・データやIT を使いこなす力」が求められています。
2018年1月10日には、あるべき人財育成のための「第四次産業革命スキル習得講座」(通称「Reスキル講座」)認定コースを発表しました。


<上流工程(経営企画・商品企画・マーケティング、R&D)>
  • 様々な産業分野で新たなビジネス・市場が拡大するため、ハイスキルの仕事は増加
    (職業例) 経営戦略策定担当、M&A担当、データ・サイエンティスト、マス・ビジネスを開発する商品企画担当やマーケッター・研究開発者、その具現化を図るIT技術者
  • データ・サイエンティスト等のハイスキルの仕事のサポートとして、ミドルスキルの仕事も増加 (※)技術革新の進展スピード次第
    (職業例) データ・サイエンティスト等を中核としたビジネスの創出プロセスを具現化するスタッフ
  • マスカスタマイゼーションによって、ミドルスキルの仕事も増加
    (職業例) ニッチ・ビジネスを開発する商品企画担当やマーケッター・研究開発者、その具現化を図るIT技術者

平成29年5月30日経済産業省産業構造審議会
「新産業構造ビジョン」一人ひとりの、世界の課題を解決する日本の未来より


アイ・ラーニングは第4次産業革命をになうデータサイエンティスト育成講座を開講します。


膨大なデータをビジネスに活用するためには、データ分析を担うデータサイエンティスト養成だけでなく、統計に関するリテラシーを備えたマネージャーを育成し、双方のデータ対応力を高めることが必要




“ ビジネスを変える! 最強のデータ分析(IBM 式)”

■ コース概要

データサイエンティストとして必要な知識やスキルを全11 回で学びます。
分析の流れ、手法などデータアナリストとしての知識を深め、仮想プロジェクトを通して試行することで、現場での実践力を身につけるコースです。本講座では、データ分析技術を得ると共に、真にビジネスに貢献するための思考力と、データを基盤とした経営層向けの提言ができるようになることを目指します。


■ 対象者
データサイエンティスト候補者
事業部マネージャーの方

■ 実施期間 / 会場
3ヶ月(全11回)
茅場町 アイ・ラーニング研修センター

■ 募集人数
10名

■ 目指す目標

独力で、経営層の要求の理解から経営層への提言までを実施できるようになる。(データ分析結果から導き出した提言)

■ 習得できるスキル

思考力、統計の実務への応用、表現力、ビジネススキル、課題から分析テーマへの具体化、テーマに応じたデータ分析、分析結果から導き出した提言


カリキュラム (概観)

※詳細および日程については、コース詳細ページでご確認ください。



第6回-11回講師:前田 英志

東京大学大学院修了( 機械工学)、一橋大学国際企業戦略科修了(MBA)。
専門は技術戦略とビジネスアナリティクス。
日本IBM 戦略コンサルティンググループにおいて、データ戦略をリード。データサイエンティスト育成道場プログラムを開発し、小売業、製造業に展開。この取組みは、経済産業省のものづくり白書(2017)に掲載されている。過去IBMの経営企画に所属し、IBMの変革プロジェクトにも参画。IBMアカデミー・オブ・テクノロジーのメンバー。多摩大学大学院 客員教授。著書に「IBMを強くしたアナリティクス(共著、日経BP社)」がある。

※ 第1回-5回はアイ・ラーニング認定講師が担当いたします。


お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00

お問い合わせフォーム