「自ら学び、考え、行動する人財」を育成します



社長メッセージ 2017年:No.2

「自ら学び、考え、行動する人財」づくり

時の宿


春になりました。新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。春は新しい仲間や上司との出会いのときです。新しい生命が輝く時であり、新たな自分を試す時です。始まりのときであればこそ、浮き浮きとした期待とともに少し不安の入り混じった日々を迎えておられることでしょう。


1,300年前の唐の詩人、李白はその心境をこのように表しました。

春夜桃李園の宴に序す
それ天地は万物の逆旅(宿屋)にして
光陰は百代の過客なり
而して浮生は夢の如し
歓を為すこと幾ばくぞ

「天地はすべてを迎える旅の宿であり、時はそこに留まることのない旅人である。
 人生は夢のようなもので、楽しいときもほんのひと時。」

李白はそう詠んだあとに、造物主は自分に文章の才能を与えてくれたので、貴重な瞬間であるこの春の情景を、楽しみながら書き写すことにすると言っています。


21世紀に生きる私たちも、夢のごとく過ぎ去る時間の中に生きてはいるのですが、デジタル化の時代ではすべてのものが電子化され、データとして記録され、つながり、参照することが出来ます。昔の一瞬は夢のごとく儚く消え去りますが、今は一瞬を記録してリピートすることが出来ます。
造物主は私たちに李白ほどの文章の才能は与えてくれなかったかもしれませんが、1,300年後の今、万物をデジタル化し、クラウドという天地の宿屋に泊めてさまざまに編集することを可能にする環境を与えてくれました。


この機会を逃す手はありません。ぜひデジタルデータの加工・編集や、プログラミング/アルゴリズムなどの能力を身につけて、デジタル時代の桃李の宴を楽しみましょう。アイ・ラーニングは仮の宿舎を用意して、皆様をお待ちしています。



株式会社アイ・ラーニング
代表取締役社長 片岡 久